Help us understand the problem. What is going on with this article?

JBoss で MySQL のデータソース作成(Windows 環境)

More than 5 years have passed since last update.

初投稿なので、あしからず…

1. MySQL の ドライバ落とす

下記の URL より MySQL の Java のドライバをダウンロードします。

MySQL 公式サイト - MySQL コネクタ

※ MySQL 開発 より JDBC Driver for MySQL を落としましょう

※ ただし、Oracle のアカウントが必要となるので注意しましょう

2. MySQL コネクタをインストール

  1. でダウンロードした MySQL コネクタを自環境にインストールします。

※ 普通にインストーラ実行すればおkです

3. インストールしてできたコネクタの jar を JBoss にデプロイ

  1. のインストールが完了すると、下記のようなディレクトリにドライバがあると思うので、それを JBoss の管理コンソールからデプロイします。

C:\Program Files (x86)\MySQL\MySQL Connector J\mysql-connector-java-5.1.34-bin.jar

JBoss 管理画面 より
[Runtime]タブ -> [server]サブメニュー - [Manage Deployments] より

[Add] ボタン押下 -> [Step1/2: Deployment Selection] より上記ドライバファイルを選択 -> [Step 2/2: Verify Deployment Names] でそのまま [save] を押下
[En/Disable] で有効化

4. データソース 作成

上記でデプロイしたドライバを使って、データソースを作成します

JBoss 管理画面 より
[Configuration] タブ -> [Connector]サブメニュー - [DataSources] より

[Add] ボタン押下 -> [Step 1/3: Datasource Attributes] において、下記のように入力

Name
好きなように分かりやすく 例) MySQL56_データベース名
JNDI Name
例) java:jboss/datasources/MySQL56_データベース名

[Step 2/3: JDBC Driver] にて先ほどデプロイした jdbc ドライバを選択します

[Step 3/3: Connection Settings] ではデータベース(MySQL)側の要件を入力します

Connection URL:
例) jdbc:mysql://localhost:3306/データベース名
Username
MySQL のユーザ名を入力します
Password:
同様にパスワードを入力します
Security Domain
分からなかったので空白^^;(わかる方教えて下さい)

上記入力後、[Test Connection] で接続できることを確認後、[Done] を押して作成を完了します

[Enable] で有効化も忘れずに!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした