Help us understand the problem. What is going on with this article?

nodebrew を用いた Node.js環境構築

More than 5 years have passed since last update.

前置き、概要説明

Node.jsは更新頻度が高い反面、バージョン間の互換性の問題でアップデートをするとプログラムが動かなくなる場合があります。その為、複数のプロジェクトに携わっている場合はプロジェクト毎にNode.jsのバージョンを切り替える必要があります。この問題を解決してくれるのがnodebrewというツールです。

前置きが長くなりましたが、Rubyに置ける rbenv と似たようなサービスです。

nodebrewを用いたNode.jsインストール

1. nodebrewをインストールする

nodebrewをダウンロード、及びインストールします。

ターミナル
$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

2. nodebrew向けの設定を行う

nodebrewを利用出来るようにする為にシェルの設定ファイル(~/.bashrcなど)に下記を追記します。

~/.bashrc
export NODEBREW_ROOT=/path/to/.nodebrew

設定を追記したら設定を反映させます。

ターミナル
source ~/.bashrc

3. Node.jsをインストールする

初めにインストール可能なNode.jsのバージョンを確認します。

ターミナル
$ nodebrew ls-remote

バージョンを指定してインストールを実行します。

ターミナル
$ nodebrew install-binary v0.12.2

最新版や安定板を明示的に使用する場合は下記のようなコマンドを実行します。

最新版インストール
$ nodebrew install-binary latest
安定板インストール
$ nodebrew install-binary stable

指定のバージョンが実際にインストールがされたかを確認します。

ターミナル
$ nodebrew list                      
v0.12.2
current: none

※この時点では先程インストールしたバージョン0.12.2はまだ適用されておりません

4.Node.jsを適用する

特定のディレクトリにバージョンを指定して適用します。

ターミナル
$ nodebrew use v0.12.2                  

適用されたかを確認しましょう。

ターミナル
$ nodebrew list                      
v0.12.2
current: v0.12.2

$ node-v
v0.12.2
HayneRyo
底辺エンジニアの備忘録としてQiitaを利用させて頂いております。
codecamp
現役エンジニアによるプログラミングのマンツーマンレッスンを提供するCodeCampを運営するスタートアップ
http://codecamp.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした