Edited at

【ArchLinux】LightDMのディスプレイ配置を変更する


前置き

ArchLinux上のLightDmにて、LightDMのディスプレイ配置がXfce4の設定だけでは変えられなかったので工夫した話です。

環境はArchLinux(2019/08/01)でデスクトップ環境はXfce4です。

詳細

M/B:GIGABYTE H61M-DS2

CPU:Intel Xeon E3-1275

RAM:DDR-1600 4GB x 2

SSD:SPCC SSD 256GB

OS:Windows10 20H1 + ArchLinux LTS


ディスプレイ設定をシェルスクリプトに書き出す

Xfce4のデフォルトのディスプレイ設定ではできません。なのでARandRを使用します。

pacman -Syy

pacman -S arandr

起動します。

sudo arandr

スクリーンショット1

ここでディスプレイのレイアウトを編集してください。

その後、レイアウト→名前をつけて保存と進みます。

スクリーンショット_2019-08-01_14-18-12.png

デスクトップにdisplay.shという名前で保存してください。


起動時にスクリプトを走らせる

以下のコマンドで設定ディレクトリにコピーしてください。

sudo mv ~/Desktop/display.sh /etc/lightdm/

sudo chmod 755 /etc/lightdm/display.sh

設定ファイルにスクリプトのパスを書きます。

sudo nano /etc/lightdm/lightdm.conf

[Seat:*]の中のdisplay-setup-script=greeter-setup-script=のコメントを外してパスを書いてください。

スクリーンショット_2019-08-01_14-23-25.png

あとは再起動すれば設定が適用されます。


追記

Xfce環境でのみなぜか起動時にARandrが起動してしまうため、その対象方法です。

設定後はGUIフロントエンドであるARandrは不要なため削除してxrandrのみにします

yay -S xorg-xrandr

yay -Rn arandr