Help us understand the problem. What is going on with this article?

iOS13時代のSVG表示設定方法

デザイナーからアイコン素材としてSVGが納入される機会が出てきたこの頃。
WWDC2019のIntroducing SF Symbolsの中でAVOID rasterizing!と言ってるくらいなので、
SS00003.png
iOS13時代のアプリでSVGを扱う方法は何が最適か試行錯誤してみました。
(Xcode 11 beta3, Deployment Target = iOS 12.0)

前提: SVGKitなどのライブラリは使いません。

SVGのサイズ

SVGは拡大しても大丈夫なはずなのですが、
:o: SVGは3x画像のサイズに設定してください。
:x: 1x画像サイズにすると、2x画像、3x画像がギザギザになります。 (iOS12以下にて)

デザイナーへ発注するときにお願いするのが理想的ですが、
「SVGは拡大してもギザギザにならないんだからサイズ指定するとかおかしいでしょ!」と些細な事で揉めがちなので:cloud_rain:
検索すればフリーのツールやサイトを見つけることができます。

SVGのファイル形式

:small_red_triangle:従来通りPDFに変換してください。
デザイナーへ発注するときにお願いするのが理想的ですが、
(略)
検索すればフリーのツールやサイトを見つけることができます。

SVGの設定

  1. Asset CatalogにImage Setを作成する。
  2. Resizing Preserve Vector Dataにチェックする。
  3. Scalesは Individual Scalesにセットする。
  4. SVGを1xにセットする。(2x、3xは空欄)

:o: SVGはコードで表示すること。

imageView.image = UIImage(named: "svgSample")

:x: Storyboardで画像を設定しただけではギザギザになります。

S_SVG_IMAGE_SET.png

比較

左からiOS13、iOS12(3xサイズSVGをセット)、iOS12(1xサイズSVGをセット)
SS0001.png

iOS13以降しかTargetにしないとき

:o: SVGサイズは気にしなくていいです。
:small_red_triangle:PDFに変換してください。
:small_red_triangle:コードで表示してください。
1. Asset CatalogにImage Setを作成する。
2. Resizing Preserve Vector Dataにチェックする。
3. Scalesは Single Scaleにセットする。
4. SVGをAllにセットする。
SS0002.png
:o: 2x、3xは空欄でいいの?とか3xサイズなのに1xにセットするの?とか気にしなくていい。

感想

iOS13のベクター画像の扱いが素晴らしくなっている。:clap:
早く変換なしでSVGをセットできるようにしてほしい。
iOS12以下を切ってしまいたい誘惑が〜:fire::jack_o_lantern::fire:


Xcode 11 beta3を元に作成しています。後日変更される可能性があります。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした