Help us understand the problem. What is going on with this article?

手探りDocker #3

前回のエラー解消の続き

前回の記事
手探りDocker #2

最初の記事
手探りDocker #1

いくつか警告やエラーが出ていたが、警告は無視することに

以下のエラーだけの解消を引き続き目指します。
image.png

サンプルで使用している下記参考サイトの「Start a Redis container」をすっ飛ばしていたので
docker docs
docker run -dt redisをやってみる → うまくいかない

エラー文の「Drive sharing failed for an unknown reason」が手掛かりになりそうなので、この文字列でググってみたところ、以下を見つけた
WindowsのDockerで「Drive sharing failed for an unknown reason」エラーが出た

設定に問題があるとのこと
ウインドウ右下のDockerのアイコンをクリック → Settings
image.png

以下の設定画面が表示される。
リンク記事とdockerのバージョンが違うので、手順が異なるが、Resources → FILE SHARING とすすめる
image.png

共有したいドライブを選択する
私の環境はCのみ(そもそもなぜ共有するの・・・汗 理解してなさす)

右下のApply & Restartを選択
image.png
すると以下のエラー
image.png
原因はわからなかったが、とりあえず現在起動しているコンテナを停止した
image.png
改めて実行すると、今度はうまくいった
image.png

もう一度docker-compose up --buildを実行します
image.png
どうやらうまくいったらしい・・・。
辛い・・・。
何一つ理解していない気がするが・・・。
image.png

example-voting-app_vote_1が投票のWebアプリのようなので、ブラウザでアクセスしてみる
image.png
※「http://localhost:5000/」のURLにアクセスします
image.png

うーん・・・CATSとDOGSをクリックするたびにPostgresにデータがインサートされているようなされていないような・・・
docker docsには
image.png
とあるので、複数のコンテナ内のアプリが通信し合ってこのアプリケーションは成り立っているのだと思います。
分散アプリケーション?

理解が全くできていない

とりあえず、Docker公式の入門をやってみるかと挑んだものの、仮想化の基礎知識、ネットワークの知識が不足していて、ほとんどDockerというものを理解できなかったです。また、チャレンジしてみて「こういったことができるようになる」「こういったことが理解できていること」等の目的がなかったことがフワフワした結果を招いたとも言えそうです。

次回以降のDocker系の記事では上記基礎知識をすこしずつ勉強していこうと思います。
そして、今回取得したサンプルアプリに対して以下を行うことを目標としたいと思います。

  • 各コンテナにTera Term WinSCPで接続、操作する
  • 投票アプリのデータを、SQLクライアントアプリでPostgresに接続して、データが溜まっているか確認してみる

今回は以上です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした