Help us understand the problem. What is going on with this user?
Eiichi Takebuchi
@GRGSIBERIA
なんでもやる人.元未踏クリエータ.三次元幾何学と音響工学を少々.

Kanagawa, Japan

Doctor's course of Kanagawa Institute of Technology

Following tags are none
Comments
@fujitanozomu では,難しくないです.ところでなぜ電卓として使えないのでしょうか?
@fujitanozomu あなたが期待したコメントに関しては,私のコメントは難しくないという解釈に含まれると思うのですが,いかがでしょうか? ところでなぜ電卓として使えないのでしょうか?
@fujitanozomu 計算できる範囲で計算すればいいと思います.ところで,なぜ電卓として使えないのでしょうか?
@fujitanozomu それは説明ではなく結果の報告です.なぜ電卓として使えないのか説明になっていません.
@fujitanozomu なぜ電卓の代わりにはならないのでしょうか?
@fujitanozomu それは説明ではなく実行結果の報告です.どうぞ続けてください.
@fujitanozomu なぜ難しいのかコメント欄で説明してみましょう
遅くなりましたがコメントありがとうございます.私も単純にPySide2とQt5はほぼ同じものと思っていたので,`setParent(None)`で予期しない動作をするのには驚きました.参照カウント数も...
すみません,主語を省略していました.QEventLoopを継承もしくは合成しているオブジェクトに紐付いたウィジェットです.基本的に同じ目的の動作をするとは思いますが,同じ内容の関数を2つ作るのは冗長で...
QEventLoopを継承したオブジェクトであれば,スレッドにせよウィンドウにせよ`deleteLater()`で解放されない状態は起こり得るのではないのでしょうか? また,`exec()`で呼び出さ...
具体的な想定がドキュメントに書かれていなかったので起こり得る方法として,ウィンドウを連鎖的に生成する場合でしょうか. ファイルやディレクトリの参照ウィンドウのように親ウィンドウを操作できないオプショ...
>bluepickyさん `deleteLater()`と`setParent(None)`の2種類で削除できる,ということがわかりました. - `deleteLater()`はイベントループバグを...
私はStack Overflowを参考に記事を書きました.Stack Overflowの記事にも回答が付くのと付かない質問があり,それぞれ正しいだけでなく身も蓋もない回答が付いていることもあります.私...
ドキュメントを読む限り,ウィジェットを解放できないケースがいくつか紹介されています.もちろん,そのような報告がある以上,ドキュメントを丸暗記しても論理的に解放できないケースも考えられます. そう考える...
方法としては, ```python # 削除する方法 layout.removeWidget(widget) widget.deleteLater() # 切り離す方法 layout.remove...
子ウィジェットを本当に削除したいのであれば,親ウィジェットとの切り離しも必要なのでしょうか? つまるところ,想定できるパターンとして, - レイアウトに追加した子ウィジェットは自動的に親ウィジェットに...
makeするときopenssl/sha.hがNot Foundなエラーを出すことがあります. 過去にOpenSSLを使って何かをやっていると出る可能性があるかなと. 以下のURLで解決できたので共有し...
ご指摘ありがとうございます.実はPrologそんなにガッツリ使っていないのでとても参考になりました.記載の方はassertzの方に直しました.ありがとうございます.
Prologの学習用サーバがあっても面白いかもしれませんね. もっと手軽にPrologができて,くだらないことができるだけでも,学習の敷居はぜんぜん違うんじゃないかなと思います.
  • 1 / 1
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした