Help us understand the problem. What is going on with this article?

【 Microsoft HoloLens 】Mixed Reality Toolkit-Unity ( MRTK ) の「BoundingBox」サンプルを動かしてみた。

はじめに

本記事では、
1. Mixed Reality Toolkit-Unity (以下、MRTK) の導入方法」と、
2. MRTK Exampleパッケージに含まれる、サンプルシーンをビルドする
までの手順をご紹介したいと思います:spy_tone2:!

1. Mixed Reality Toolkit-Unity (以下、MRTK) の導入方法

What's MRTK !?

image.png

Mixed Reality Toolkit-Unityは、Unity上でMixed Realityエクスペリエンスを構築するための基本的なコンポーネントや、共通のインタラクションや、UIコントロールを共有するオープンソースプロジェクトです。- 「Mixed Reality Toolkit ( MRTK ) の有用なビルディングブロック」より抜粋

MRTKは、UnityのAssetsファイルとして配布されており、下記手順で非常に手軽に、
自分のプロジェクトに導入することができます。

早速、導入していきたいと思います。

導入環境

  • Unity 2017.2.1f1
  • Visual Studio 2017 15.0
  • Mixed Reality Toolkit - Unity 2017.4.10

MRTK 導入手順

1. GitHub から、MRTKのパッケージファイルをダウンロード

image.png (43.0 kB)

今回ダウンロードするのは、↓パッケージ2つ!

2. アセットファイルをUnityにインポート

  1. Unityで、新規プロジェクトを作成
  2. [Assets] > [Import Package] > [Custom Package ...] より下記2つのパッケージをインポート。
  • インポートするパッケージ
    • HoloToolkit-Unity-2017.4.10.unitypackage
    • HoloToolkit-Unity-Example-2017.4.10.unitypackage

image.png (64.0 kB)

image.png (37.7 kB)

正常にインポートが終了すると、「Mixed Reality Toolkit」タブが追加されます。

image.png (36.2 kB)

同様の手順で、「HoloToolkit-Unity-Example-2017.4.10.unitypackage」もインポートします。

3. Project Settingの変更

HoloLens用にビルドするために、Project Settingの変更します。
一つずつ設定を変更することも可能なのですが、
今回は、MRTKの下記タブより設定したいと思います。
[Mixed Reality Toolkit] > [Configure] > [Apply Mixed Reality Project Setting]

image.png (48.1 kB)

MRデバイス向けビルドをする際に、変更が必要な箇所を一発で変更してくれます。

image.png (38.7 kB)

Apply」を押下すれば、OK!:point_up:
これで開発前の準備はすべて整いました。

2. MRTK Exampleパッケージに含まれる、サンプルシーンをビルドする

今回は、BoundingBoxを試してみたいので、以下サンプルシーンを選択。
[Assets] > [HoloToolkit-Examle] > [UX] > [Scenes] > [BoundingBoxGizmoExamle]

image.png

シーンを開くと、下記のようなシーンビューになると思います。

image.png

[File] > [Build Setting]を開き、ビルドします。

image.png

アウトプットされた「〇〇〇.slnファイル」を、Visual Studioで開き、HoloLensにデプロイします。

image.png

[Device]ボタンを押下すると、ビルド&デプロイが実行されます。

3. アプリを起動してみた (※動画あり)

Reference !

最後に

Microsoft UX DesignerのYoon (Dong Yoon Park) 氏の記事がとても参考になりました。
日本語で解説していただき、ありがとうございます。( 一度ご本人にお会いしてみたいな :dark_sunglasses:!)

Futo_Horio
Kobe Digital Labo Inc. 新事業創造係 MR班 班長 / Microsoft Azure コミュニティ「Azure Tech Lab」主催 / Honde Next 共同代表
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした