Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rails Tutorial メモ

第1章

Bitbucketへのリポジトリ追加とリポジトリへのプッシュに関して、
git remote add origin git@bitbucket.org:ユーザー名/hello_app.git
のコマンドを打つ際に、ユーザー名を間違えた⇨「作成したORIGINを消したい」
$ git remote rm origin

ローカル環境のプレビューが表示されなくなった場合の対処
ディレクトの移動
$ cd hello_app
下記コマンドを実行しプレビュー
$ rails server -b $IP -p $PORT

2回目以降のHerokuへのデプロイを反映する方法
$ heroku login --interactive(ログインができない時)
$ git add .
$ git commit -m "test"
$ git push heroku master($ git push heroku でも可)
$ heroku run rails db:migrate(テーブル追加や内容変更などをした場合)
$ heroku open(Windowを開く)

第2章

HerokuへのPushができない場合は、Herokuがインストールされているか調べる。
& heroku --version
ルートディレクトリに移動
& cd toy_app
下記コマンドでHerokuをインストール
& source <(curl -sL https://cdn.learnenough.com/heroku_install)

2.2.1のページとはHerokuのページではない!
ローカルブラウザ?の.comより後ろを編集する。
https://ecde157c391044aa996e79fd4ce5430b.vfs.cloud9.us-east-2.amazonaws.com」

UsersからMicropostsに変更する際は、routes.rb 内でresources :users と resources :micropostsが混在している場合、どちらかをコメントアウトする必要がある。

演習1. showの表示?

第3章

$ git push -u originが効かなくなった場合、
$ git remoteでremoteが正しく接続(作成)?できているか確認
エラーやできていない表示なら、下記実施で再度ログイン?
$ git remote add origin git@bitbucket.org:ユーザー名/アプリ名.git
その後下記でプッシュする!
$ git add -A
$ git commit -m "変更の説明"
$ git push -u origin --all

touch でファイルの作成をしたらファイルツリーを更新する必要がある?

ブランチ(テスト環境?)のコードがテストOKで、マスターブランチに戻りギットにコミットし、Herokuにデプロイする流れ(rails tutorial 3-5)

$ git add -A
$ git commit -m "Finish static pages"
$ git checkout master
$ git merge static-pages
$ git push
$ rails test
$ git push heroku

以下を打つとエラーが発生?
$ bundle exec guard
Could not locate Gemfile or .bundle/ directory

第5章

「!!」(「バンバン (bang bang)) という演算子を使うと、そのオブジェクトを2回否定することになるので、どんなオブジェクトも強制的に論理値に変換できます?

!!nil

第6章

User.all.lengthで取得するclassの長さは、作成したUserクラスの数(文字数ではない)?

エラーメッセージの確認方法
$example.errors.messages

第7章

デバッグを使うとrails console上で下記コードを差し込んだ状態を確認できる。
異常があると思われるコードの周辺に置くのがコツである。
(WEBページは表示されなくなるので注意&終わったら control + C で出る必要がある。)
$ debugger

どちらが適切な使い方?
flash[:notice]
flash[:success]
Bootstrap CSSは、このようなflashのクラス用に4つのスタイルを持っています (success、info、warning、danger)。⬅️これが関係している?

下記コードでDBの内容がリセット可能!!
&rails db:migrate:reset

7-4 演習
content_tagというヘルパー とは?

第8章

flashはページが遷移したあともメッセージが残る➡️flash.nowを使う!
Progateは大丈夫だった?

トピックブランチでミスをした場合の取り消し方法(作業内容&トピックブランチの削除)
トピックブランチの作成or移動
$ git checkout -b トピックブランチ名
$ git add -A
$ git commit -a -m "失敗内容"
トピックブランチの削除
$ git branch -D トピックブランチ名

第9章

herokuがcomand not foundで使えない時の対処法(heroku -v等で確かめてから!)
$ sudo yum -y update
$ curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.33.0/install.sh | bash
$ export NVM_DIR=”/home/ec2-user/.nvm”
$ [ -s “$NVM_DIR/nvm.sh” ] && \. “$NVM_DIR/nvm.sh”
$ nvm install node --reinstall-packages-from=node
$ npm install -g cli-engine-command@8.0.0
$ npm install -g heroku-cli
`$ source <(curl -sL https://cdn.learnenough.com/heroku_install)

第10章

rails sが起動できない➡️Webサイト上ではinput/outputエラー?という表示がでた
英文から判断すると管理できるファイル数の上限があるらしい?
提案されたWEBサイト常にあった次のコマンドを入力した
echo fs.inotify.max_user_watches = 524288 | sudo tee -a /etc/sysctl.conf && sudo sysctl -p

第11章

下記コマンド(sendgrid:メール送信による確認機能)を使用したい場合、herokuにクレジットカードの登録が必要
heroku addons:create sendgrid:starter

第12章

下記エラーが出現、migrateが途中?らしい
Migrations are pending. To resolve this issue, run: bin/rails db:migrate RAILS_ENV=development
結果からいうと、1ファイルの単なるタイプミスだった。。修正後に rails db:migrate で解決

演習 12-21においてエディタ上で三角の注意マークが出現。
どうやら/が割り算と混同するらしい。バックスラッシュ(`)で解決しようとするもできず。 rails tではエラーにならないのでそのまま放置する。

sendgridが利用できない。
Googleで解決方法を探し、Herokuのsendgrid設定にリンクからとぼうとするもアクセスが拒否される。。。

第13章

f.objectとは?

最後の演習2 12.63において、
picture = fixture_file_upload('test/fixtures/rails.png', 'image/png')
上記の rails.png というファイルが無いので rails t がエラーになる。(手動で作成すればOK?)

13.4.4(途中で断念 S3の作成したバケットに正規IDでアクセスする方法分からず。。)
画像のupload
参考URL : https://qiita.com/ryuchan00/items/8e414562b7122e7ec4fb

第14章

User.first及びUser.secoundで新しいuserを作ると、User_id:1、User_id:2が自動的に付与される?
データベース上に登録されているユーザーが自動的に入る。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away