Edited at

MacのターミナルでRubyをバージョンアップする方法

More than 1 year has passed since last update.

Rubyのバージョンを変更しようとした際に引っかかったので記録します。


SPEC

macOS Sierra 10.12.6

macOSには最初からRubyがインストールされているので

現在のRubyのバージョンを確認

$ ruby -v

ruby 2.0.0p648 (2015-12-16 revision 53162) [universal.x86_64-darwin16]


rbenvのインストール

今回はバージョンアップにHomebrewのrbenvを使用するため

はじめにrbenvをインストールして最新にアップグレードします。

$ brew update

$ brew install rbenv ruby-build
$ brew upgrade rbenv

rbenvのバージョンを確認

$ rbenv -v

rbenv 1.1.1


インストールできるRubyのバージョンを確認

$ rbenv install --list


バージョンを指定してRubyをインストール

$ rbenv install 2.3.1

$ rbenv global 2.3.1
$ gem install railties && rbenv rehash

インストールできているか確認

$ rbenv versions

system
* 2.3.1 (set by /Users/ユーザー/.rbenv/version)

rbenvに2.3.1が入っているので、

再度Rubyのバージョンを確認

$ ruby -v

ruby 2.0.0p648 (2015-12-16 revision 53162) [universal.x86_64-darwin16]

変わらず。


バージョンが変わらない場合

上記でバージョンが変わっていなければ

rubyの場所を確認してください

$ which ruby

/usr/bin/ruby

rbenvでRubyをバージョンアップする場合、

/Users/ユーザー/.rbenv/shims/ruby

を参照している必要があるので変更していきます。

$ rbenv init

# Load rbenv automatically by appending
# the following to ~/.bash_profile:

eval "$(rbenv init -)"

eval "$(rbenv init -)"をコピーして~/.bash_profileに追記します

$ vi ~/.bash_profile




Swap file "~/.bash_profile.swp" already exists!
[O]pen Read-Only, (E)dit anyway, (R)ecover, (D)elete it, (Q)uit, (A)bort:

編集するので eキーをタイプ

vim画面に入ります。


vimについて

vim画面では「コマンドモード」と「挿入モード」があり、

最初はコマンドモードになっています。

編集するには挿入モードにする必要があるので

iキーかaキーを押すと、最下行に

-- INSERT --

と表示されます。これで挿入モードになっています。

先ほどコピーしたeval "$(rbenv init -)"を追記したら、

escキーを押してコマンドモードに戻ります。

:wqと入力してenterすると編集内容を保存して終了します。(カーソルが画面のどこにあっても大丈夫です。)

ちなみに、

保存せずに強制終了する場合は:q!と入力します。

もしless画面に入ってしまった場合はqで終了してください。


再度確認

元の画面に戻ったらまず変更を反映します。

$ source ~/.bash_profile

再度Rubyのバージョンを確認

$ ruby -v

ruby 2.3.1p112 (2016-04-26 revision 54768) [x86_64-darwin16]

指定バージョンに変更されました。