Edited at

Gitkrakenのインストール手順

More than 1 year has passed since last update.


Gitkrakenのインストール手順


はじめに


▼この記事で分かること

この記事ではGitのGUIクライアントツールである

gitkrakenのインストール手順をまとめています(2017/01/19現在)

※Git自体のダウンロードについては割愛しています。


▼Gitkraken?

icon.jpg

Ω「これ、スプラトゥーン?」

Ω「いいえ、Gitkrakeeeeeeeeenです(ちがう)」

冒頭で軽くふれていますが、GitkrakenはGitのGUIクライアントツールの1つです。

本家様のリリースノートを見ると「2016/3/29」にVersion 1.0.0がリリースされており、

Gitのクライアントツールとしては後発の部類に入ることになります。

本記事作成中ではVersion 1.9.3がリリースされていました。


Gitkrakenのインストール

では、さっそくインストール方法の説明に入ります。


▼Step1

下記のダウンロードページからインストーラーをダウンロードしてください。

今回はWindouws7を対象として以降の話を進めていきます。

ダウンロードが済んだら、インストーラーを実行してください。

[Gitkraken]https://www.gitkraken.com/


▼Step2

インストーラーが終了するとGitkrakenが起動します。

002.jpg


▼Step3

Gitkrakenを使用するにはアカウントの作成が必要になります。

先の画像にある「Create a GitKraken Account」をクリックしてアカウント作成に入りましょう。

次の画像のように進むので、必要な情報を入力し利用許諾に問題がなければチェックを入れ、

「Create a GitKraken Account」をクリックしてください。

003.jpg

すると以下の画像のように表示されるので、メールアドレスの認証を済ませましょう。

一旦画面から離れ、メールボックスにメールが届いているか確認しに行ってください。

004.jpg

下のような画像の認証メールが送られていると思います。

「Click here」と書かれた箇所をクリックしてください。

メールアドレスの認証が済み「Thank You!」と書かれたページに遷移すると思います。

※遷移したページではインベーダーゲームで遊べます(笑

005.jpg


▼Step4

メールアドレスの認証が済んだら、Gitkrakenの画面にもどりましょう。

「Success!」と書かれたダイアログが表示されたままでしたら、

「Use GitKraken」と書かれたボタンをクリックしてください。

そして、画面左下に出ている「10 Days to Activate」というボタンもクリックしましょう。

これでインストール自体は終了です。


GitHubとの連携について

別記事にて記載しております~くコ:彡

GitkrakenとGitHubとの連携手順