Help us understand the problem. What is going on with this article?

2. 【Android/Kotlin】ボタン追加

はじめに

DreamHanksのMOONです。

前回はAndroid開発ツールのAndroid Studioをインストールしました。
1. 【Android/Kotlin】Android Studioインストール

今回はアプリの画面にボタンを追加し、そのボタンにイベント機能を追加していきます。

Viewの概要

2.PNG
View オブジェクトは、通常は「ウィジェット」と呼ばれ、Button や TextView などの多数のサブクラスの 1 つです。ViewGroup オブジェクトは、通常は「レイアウト」と呼ばれ、LinearLayout や ConstraintLayout などの異なるレイアウト構造を提供する多数のタイプの 1 つです。

詳細な概要は、
https://developer.android.com/guide/topics/ui
上記のリンクで確認することができます。

ボタン追加とイベント設定

まず、ボタンヴューをレイアウトに追加します。
1.PNG

activity_main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>                                  
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"                                    
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"                                 
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"                                  
    android:layout_width="match_parent"                                 
    android:layout_height="match_parent"                                    
    android:orientation="vertical"                                  
    tools:context=".MainActivity"                                   
    android:gravity="center">                                   

    <TextView                                   
        android:layout_width="wrap_content"                                 
        android:layout_height="wrap_content"                                    
        android:id="@+id/main_tv"                                   
        android:text="テキストです。" />                                 

    <Button                                 
        android:layout_width="wrap_content"                                 
        android:layout_height="wrap_content"                                    
        android:id="@+id/change_btn"                                    
        android:text="ボタン"/>                                  

</LinearLayout> 

レイアウトには色んなレイアウトの種類がありますが、ヴューを配置する時に一番使いやすい「LinearLayout」を使用してヴューを追加します。
次にボタンを追加します。

MainActivity.kt
package com.example.practiceapplication                                                 

import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity                                                 
import android.os.Bundle                                                    
import android.widget.Button                                                    
import android.widget.TextView                                                  

class MainActivity : AppCompatActivity() {                                                  
    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {                                                    
        super.onCreate(savedInstanceState)                                                  
        setContentView(R.layout.activity_main)                                                  

        val main_tv = findViewById<TextView>(R.id.main_tv)        //画面のテキストヴュー                                                  
        val change_btn = findViewById<Button>(R.id.change_btn)    //画面のボタン

        //ボタンクリックイベントリスナー設定                                               
        change_btn.setOnClickListener {                                                 
            main_tv.text = "クリックされました‼"                                                 
        }                                                   
    }                                                   
}       

1.「findViewById」メソッドでテキストヴューとボタンオブジェクトを取得します。
2.テキストの内容を変更させるクリックリスナーをボタンに設定します。

アプリ起動

このアプリを実行するためには仮想デバイスやアンドロイドスマホが必要です。

仮想デバイスのエミュレーターで実行する場合は、
https://developer.android.com/studio/run/emulator

ハードウェアデバイス上で実行する場合は、
https://developer.android.com/studio/run/device

各環境に合わせて設定後、アプリを実行
今回はハードウェアデバイス上で実行します。

・ボタンをクリックする前

・ボタンをクリックした後

終わりに

今回はボタンを追加し、クリックイベント設定までを説明しました。

次回は画面遷移について説明していきたいと思います。
 3. 【Android/Kotlin】画面遷移

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした