Ruby
Rails
Heroku
Rails5

WebディレクターにRailsを教える その1(学習環境構築編)

More than 1 year has passed since last update.

経緯

社内のWebディレクターからWebサイトを作りたいからPythonかRubyを教えて欲しいと頼まれたので(人に教える事で自分も必要に駆られ学習するかと期待し)承諾した

今回RubyというかRailsを選択した理由

  • 私自身のスキルとしてPythonよりRubyの方が経験がある
  • 初心者向けの日本語学習サイトが豊富

対象者

  • プログラム未経験のWebディレクター
  • Webサイトのシステム構成の理解はあり (Webサーバーがあって、DBがあってとかの理解)
  • HTMLの理解はあり
  • PCはMacBook Air

ゴールの設定

  • Railsで簡単なWebページを作成してHerokuにデプロイする
  • アカウント管理してログインできるサイトを作る
  • ゴールまでハンズオン4回ぐらいで行きたい

教えかた、気を付けること

  • Webだけで学習出来るようにしたいので、Cloud9を使って行う
  • 1回1時間のハンズオンで行う(1時間に乗らない部分を宿題でやってもらう)
  • なるべく動くのを確認できる状態で進める
  • モチベが続く学習方法を模索する(文字量多い公式ドキュメントよりかは、解説動画などから入ってもらう)

事前準備として以下のアカウントを作成してもらう(所要時間 15分)

  • GitHubのアカウント
  • Cloud9のアカウント
  • Herokuのアカウント

GitHubアカウントの作成(所要時間 5分)

Cloud9のアカウント作成(所要時間 5分)

Herokuのアカウント作成(所要時間 5分)

学習に使うと便利なサイト(予習・復習で使ってもらう)

参考になるQiita記事を見つけた(こんな記事を書かなくても良かったw)

その他

  • Cloud9がやり難かったら、Docker For Macをインストールしてローカルで勉強する
  • DB系はFirebaseを使う感じで進めてみる(HerokuじゃなくGCPで良さそうな気がする)

最近はDockerもあるし、開発環境を作るの簡単で助かる
これからゴールのサイトを作ってから、ハンズオンの内容を用意する