Vagrant

Vagrant Share が便利すぎる話

More than 1 year has passed since last update.


ローカル開発環境を人にみせるときどうしてますか?

ローカル環境での開発をベースとしている場合、人に見せるのが大変面倒です。ディスプレイ回したり、画面共有ができるWebサービスとか使ったりしますよね。ディスプレイ見せるならそんなに時間はかかりませんが、離れた場所で働いている人には見せられません。画面共有なら、どこにいてもみれますが、Webサービスで画面共有するまでには、appear.in を使っても少し時間がかかります。


Vagrant Shareを使おう

Vagrant を使って開発している場合は、Vagrant Share を使いましょう!URLができるので送るだけ!アクセスするだけ!超便利!


使い方

これだけです。


  1. Vagrant Share に登録

  2. vagrant login

  3. vagrant share


1. Vagrant Share に登録

Vagrant Share は Vagrant を提供している Hashicorp のサービスのひとつです。使うためには、アカウント登録が必要です。ここから、登録しましょう。

https://atlas.hashicorp.com/account/new


2. vagrant login

ターミナルから vagrant login を実行します。ユーザ名とパスワードが求められるので、さきほど登録したアカウントでログインしましょう。


3. vagrant share

vagrant share を実行しましょう。URLが発行されるので、アクセスしてみましょう。


まとめ

簡単に使えて便利です。

しかし、実行している間は他のコマンドを実行できなくなるので、シェアしながら Vagrant の他のコマンドをできません。

vagrant login しながら vagrant ssh できる方法があったら教えてください。

追記

@hidekuro さんからコメントいただいたんですが、vagrant ssh-config でSSH接続先の情報を確認できるので、別ウィンドウのターミナルから接続できます。@hidekuro さん、ありがとうございます。