Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Python】Turtleでミッキーマウスを描く【初心者】

More than 3 years have passed since last update.

Turtleとは?

PythonのTurtleモジュールは亀を前進させ、角度を変えながら描画します。
なんのこっちゃと思うかもしれませんが、詳細は以下がわかりやすいです(メソッドの紹介もされています)
参照URL:http://www.ic.daito.ac.jp/~mizutani/python/using_turtle.html

開発環境

試したIDEは以下となります。
・Xcode
・Pycharm
・ターミナル
※いずれもMacです。XcodeでPythonを実行するならばこちらをご参考に。

まずはTurtleを試してみる。

簡単なコードでTurtleを試してみます。

from turtle import *

shape()
done()

すると、以下のようにウィンドウが表示されました。
スクリーンショット 2016-07-04 18.36.13.png

初期値では矢印が右を向いているだけで、何も描画されていません。
少し亀っぽくしてみましょう。
shape()に'turtle'と入力します。

from turtle import *

shape('turtle')
done()

ウィンドウに表示されている矢印が亀さんになりました。ユニークですね。
スクリーンショット 2016-07-04 18.33.57.png

ちなみに、ターミナルで実行する場合はdone()は必要ありません、XcodeやPycharmでdone()を忘れると、画面が表示されたと思いきや一瞬で消えます……。一度試してみてください。

亀に正方形を描かせる。

では亀を動かしてみましょう。

from turtle import *

shape('turtle')
forward(90)
done()

亀が少しだけ前進しました。
スクリーンショット 2016-07-05 10.48.59.png

亀に正方形を描かせてみます。
cordの考え方は、n距離動いたら90°左に向いてn距離動くを繰り返すです。

from turtle import *

shape('turtle')
for i in xrange(4):
   forward(90)
   left(90)

done()

スクリーンショット 2016-07-05 10.56.46.png

ミッキーマウスを描く

Turtleモジュールがどのようなものかわかってきたと思います。
では、本題です。ミッキーマウスを描くためのソースコードを共有しますので、
みなさんの環境でも試してみてください!!

https://github.com/Cremokoroah/Turtle_MM

もっと簡単に描ける方法があるはずなので、改良していきたいと思います。
ありがとうございました。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away