【開発環境】XcodeでPython【画面遷移あり】

  • 31
    いいね
  • 1
    コメント

XcodeでPythonを実行するには……

今回はXcodeでのPython開発環境の手順を画像付きで紹介します。

以前、XcodeでC言語を実行するための手順:MacでC言語を投稿しましたが、今回の手順に関しても検索結果になかなか出なかったので画面遷移付きで手順をまとめてみました。

こんな人にオススメ

どうしてもXcodeでPythonを学習したい人。
・Macでプログラミングをやってみたいがなるべく簡単な言語が良い人。
・Pythonは人工知能に強いという噂を聞いたので試してみたい人。

必要なもの

・MacとXcode

開発環境を整える

1-1.
Xcodeを立ち上げてCreate a New Xcode Projectを選択します。
スクリーンショット 2016-05-28 11.16.37.png

1-2.
画面が開くので、Other > External Build Systemを選択します。
Swiftでアプリ開発などをしていたら絶対に選択しない項目ですね(笑)。
スクリーンショット 2016-05-28 11.17.08.png

1-3.
Product Nameを決め、Build Toolに/usr/bin/pythonと入力します。なぜそれを入力する必要があるのかは考えずに先に進んだほうが良いです。実行するのに必要なんだな、って思ってください。
スクリーンショット 2016-05-28 11.21.02.png

作成したProject Fileは任意の場所に保存しましょう。
(今回はデスクトップに保存しました)

2-1.
Pythonファイルを作成するために画面左上のFile > New > File...を選択します。
スクリーンショット 2016-05-28 11.31.06.png

2-2.
Other > Emptyと選択します。
スクリーンショット 2016-05-28 11.31.13.png

2-3.
File名を決め、TargetsにCheckが入っていることを確認します。拡張子(.py)を忘れずに。
スクリーンショット 2016-05-28 11.31.34.png

左上に作成したファイルが追加されていることを確認しましょう。
スクリーンショット 2016-05-28 11.32.15 のコピー.png

3-1.

ここから少しだけややこしくなります。
Product > Scheme > Edit Schemeと選択します。
スクリーンショット 2016-05-28 11.26.17.png

3-2.
Run > info > Executable > Otherと選択します。
スクリーンショット 2016-05-28 11.27.36.png

3-3.
キーボード上でCommand+Shift+Gを入力します。すると、Go to the folder:と表示されるので、/usr/bin/pythonと入力した上でGoを押します。
スクリーンショット 2016-05-28 11.27.55.png

3-4.
薄いグレーでPythonが選択されていることを確認したら、Chooseを選択します。
スクリーンショット 2016-05-28 12.46.40.png

3-5.
Executableにpythonと表示されていることを確認したら、Debug executableのCheckを外します。画面右下のCloseはまだ押しません。
スクリーンショット 2016-05-28 11.28.15.png

3-6.
Arguments > + > 作成したファイル名を入力します。
スクリーンショット 2016-05-28 12.53.59.png

3-7.
Options > Working Directory > フォルダアイコンをクリックします。
スクリーンショット 2016-05-28 13.02.42.png

作成したProject Fileを選択します。
スクリーンショット 2016-05-28 11.30.26.png

3-8.
Project Fileを選択すると画像のように表示(ユーザー名と表記されている部分に関しては皆様のユーザー名が表示されます)されたことを確認し、Closeを押します。
スクリーンショット 2016-05-28 11.29.58.png

4.
作成したファイルに、

print "Hello, World!!"

と入力して実行してみると……
スクリーンショット 2016-05-28 14.43.55.png

無事に表示されました!!

※補足
実行した際にHello, World!!ではなく以下のような画面になったら、Productの設定を見直してみましょう。
スクリーンショット 2016-05-28 14.43.06.png

以上です。
今回はPythonでしたが、他の言語でも同じようなやり方をしたらXcodeで実行できそうですね(試してないです、ごめんなさい)。