Posted at

投書:「クリーンミート」普及への道筋と米国議会

原文 - Letter: Congress, clear path for "clean meat"

慣れ親しんだ風味と食感で、当たり前のように行われる家畜の屠殺や熱帯雨林の破壊を進めずに、本物の肉で作られたおいしいハンバーグを食べることを想像してください。SFの話のように聞こえますか?信じられないかもしれませんが、これは2021年という遠くない未来で現実になる可能性があります。

すでに、科学者たちは、生きた牛を殺さずに採取したほんの数個の細胞から、ハンバーガーを培養することに成功しています。現在、着実にコストを削減しており、「クリーンミート」として知られるハンバーガーの生産規模を拡大しています。そして彼らは細胞培養で作られたハンバーガーがまもなく消費者に届けられるようになることを期待しています。ハンバーガーや同様のクリーンミート製品は私たちの食卓に革命をもたらし、家畜を育てるために必要な資源の量を劇的に減らし、大量の温室効果ガスの排出量を削減することができます。しかし、これはクリーンミートを市場に出すための有効な道筋がある場合にのみ起こり得る未来です。有効な道筋とは、食肉製品表示に求められる専門知識と細胞培養に求められる専門知識を考慮すると、米国農務省と米食品医薬品局(FDA)が協働に合意することを指します。残念ながら、FDAによるクリーンミート規制への関与に反対している牛肉産業界に圧力をかけられている米国議会は、今年の予算法案に含めるために「セクション736」として知られる付加条項を現在検討しています。この付加条項が可決されれば、米国農務省は単独でクリーンミートに取り組まざるを得ないであろうし、どちらの機関(注:米国農務省とFDA?)も無駄で時間のかかる形式的な手続きをする必要に陥るでしょう。

クリーンミート技術の前進のため、Charles Schumer上院議員のような私たちの代表が(既存産業の)企業の利権に立ち向かい、予算を法案から排除することを願っています。

Don Ferlazzo

Clifton Park(ニューヨーク サラトガ郡郊外の町)