Help us understand the problem. What is going on with this article?

Data Lake Storage Gen 2 ファイルシステム情報確認方法 【Azure Databricks 接続用】

はじめに

Data Lake Storage Gen 2 で作成したファイルシステムを Azure Databricks に接続する際には、以下の情報が必要になります。

  • アプリケーションID
  • ディレクトリID
  • クライアントシークレット
  • ストレージアカウント名
  • ファイルシステム名

どたばたしていると控えておくのを忘れてしまうこともしばしば。
クライアントシークレットは一度しか発行されませんが、その他については再確認が可能です。
Azure コンソールからの確認手順を記しておきます。

ストレージアカウントとファイルシステム名の確認

コンソールのトップ画面から Azure Databricks を選択。(最新のリソースからアクセスしたほうが早いことも)
image.png

接続対象の Azure Databricks を選択。
2020-02-13_16h19_24.png

リソースグループをクリック。
2020-02-13_16h21_45.png

ここでストレージアカウント名 を確認できます。対象のストレージアカウントをクリック。
2020-02-13_16h23_35.png

コンテナを選択。
2020-02-13_15h31_08.png

こちらがファイルシステム名です。
2020-02-13_16h32_12.png

アプリケーションID と ディレクトリID の確認

トップ画面より、Active Directory を選択
2020-02-13_16h33_58.png

アプリの起動から、登録した内容ををクリック。
2020-02-13_15h37_46.png

アプリケーションID と ディレクトリID が確認できました。
2020-02-13_15h38_45.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした