Help us understand the problem. What is going on with this article?

Delphi / C++Builder 10.2 Tokyo Release 3 でモバイル開発したい

More than 1 year has passed since last update.

Delphi/C++Builder 10.2.3 で Professional 版でモバイル開発が可能になりました。

公式の記事 Delphi / C++Builder 10.2.3 Professional - Mobile Packのインストール手順 とか、サポート記事 Delphi/C++Builder 10.2.3 Professional でモバイル機能を使用するためには に説明がありますが、もう少し噛み砕いた Q&A 形式で説明します

Delphi 10.2 Tokyo Professional のライセンスがあればモバイル開発できるの?

貴方の持っているライセンスが次の2つの条件をクリアしていれば、モバイル開発できます
1. アップデートサブスクリプション加入期間中であること
2. ライセンス証書の製品名のところに「Delphi 10.2 Tokyo Professional Named User and Mobile Add-on Pack – ESD」って書いてあること

C++Builder 10.2 Tokyo Professional のライセンスがあればモバイル開発できるの?

貴方の持っているライセンスが次の2つの条件をクリアしていれば、モバイル開発できます
1. アップデートサブスクリプション加入期間中であること
2. ライセンス証書の製品名のところに「C++Builder 10.2 Tokyo Professional Named User and Mobile Add-on Pack – ESD」って書いてあること

「and Mobile Add-on Pack – ESD」って書いて無い

アップデートサブスクリプション加入期間中であれば、プロモーションサイトから 10.2 Tokyo の Add-on Mobile のライセンスがゲットできるので、それ使うとイイヨ

アップデートサブスクリプション加入期間中なんだけど、自分の持っているライセンスは 10.2 Tokyo じゃない

アップデートサブスクリプション契約しているライセンスが Delphi/C++Builder Professional の XE8, 10 Seattle, 10.1 Berlin のライセンスであれば、プロモーションサイトから 10.2 Tokyo の Add-on Mobile のライセンスがゲットできるよ

次のバージョン (10.3 以降) でもゲットした Add-on Mobile のライセンスって使えるの

残念、使えません。10.2 Tokyo 専用です
てか、次のバージョンからは、Professional 版のライセンスだけでいいのだ

ゲットした Add-on Mobile のライセンスって過去バージョンも使えるの

使えないヨ。10.2 Tokyo 専用だってば

プロモーションサイトってどこにあるの?

公式の記事内にリンクがあるヨ

CYonezawa
風都在住の万事屋
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした