Android
Maven
GitHub
gradle
ライブラリ

【Android】「自作ライブラリ」を「GitHub」に置いて「Gradle」でビルドするだけで利用できるようにする(4)

あらすじ

前回、

【Android】「自作ライブラリ」を「GitHub」に置いて「Gradle」でビルドするだけで利用できるようにする(3)

では、「GitHub」に「Maven リポジトリ」をアップロードし、全世界の誰でもライブラリを利用できる状態にした。

次は――。

(4)「GitHub」の「Maven リポジトリ」に置いてあるライブラリをアプリで利用する

前回、「GitHub」へのライブラリ公開までやってしまったので、後は、そう、それを利用するだけだ。

まず、以下は、とある私作アプリの「build.gradle」全文だ。

apply plugin: 'com.android.application'

android {
    compileSdkVersion 26
    defaultConfig {
        applicationId "cutboss.calcboss"
        minSdkVersion 21
        targetSdkVersion 23
        versionCode 1
        versionName "1.0.0"
    }
    buildTypes {
        release {
            debuggable false
            minifyEnabled true
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android-optimize.txt'), 'proguard-rules.pro'
            lintOptions {
                // NOTE: Remove it when dealing with multiple languages.
                disable 'MissingTranslation'
            }
        }
        debug {
            applicationIdSuffix ".debug"
            debuggable true
            minifyEnabled false
        }
    }
}

repositories {
    maven {
        url 'http://cutboss.github.io/support-library/repository'
    }
}

dependencies {
    implementation fileTree(include: ['*.jar'], dir: 'libs')
    implementation 'com.android.support:appcompat-v7:26.1.0'
    implementation 'com.android.support:cardview-v7:26.1.0'
    implementation 'com.android.support:design:26.1.0'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-core:11.8.0'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crash:11.8.0'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-ads:11.8.0'
    implementation 'cutboss.support:boss:1.2.0'
    implementation 'cutboss.support:review:1.1.4'
    implementation 'cutboss.support:util:1.2.0'
}

apply plugin: 'com.google.gms.google-services'

前回、最終的に出来上がった自分のライブラリが置いてある「リポジトリURL」を、以下のように「build.gradle」に追記しよう。

repositories {
    maven {
        url 'http://cutboss.github.io/support-library/repository'
    }
}

これを追記するだけで、このURLに存在するライブラリは全て利用できるようになったので、利用したいライブラリを、後は追記するだけだ。

dependencies {
    implementation fileTree(include: ['*.jar'], dir: 'libs')
    implementation 'cutboss.support:boss:1.2.0'
    implementation 'cutboss.support:review:1.1.4'
    implementation 'cutboss.support:util:1.2.0'
}

こんな感じで。

……勿論、リポジトリに存在する全てのライブラリを追記する必要はないので、必要なのだけを追記しよう。

これで「Sync」すれば、完了だ。

サンプルアプリ

以下のアプリでは、「ある条件下でユーザにレビューをお願いする」機能が搭載されている。

この機能は、本記事記載の方法で作成したライブラリで動作しているので、良かったら参考にしてみてほしい。

ic_launcher.png

シンプルな電卓は気まぐれに着せ替えする -計算過程表示や共有など無料の計算機- :CALCBOSS

【動作環境】
Android OS 5.0以上

Made in Japan.
© CUTBOSS
Producer & Director, Boss of the Barber.
Lead Programmer & Designer, Boss of the Barber.

参考記事