Help us understand the problem. What is going on with this article?

WAMs(Web Audio Modules)について紹介してみる

More than 1 year has passed since last update.

https://adventar.org/calendars/3353 の23日目エントリーです。

WAMsって何?

WAMs(Web Audio Modules)とは、Oli Larkinによって提案された、Web Audio APIでVSTプラグインのように扱えるプロセッサー・モジュールの仕様です。
公式サイト: https://www.webaudiomodules.org/

サンプル

いくつかのサンプルが公式サイトに掲載されています。
そのほとんどは元々VSTプラグインだったものをWAMsに移植したものです。
Web MIDI APIの入力を受けられるので、MIDIキーボードから演奏することができます。
https://www.webaudiomodules.org/wamsynths/
image.png

API仕様

API仕様も公式サイトから確認することができます。
https://www.webaudiomodules.org/docs/wampaper-smc2015.pdf

概要をざっくり解説すると、DSPを実装するWAM.Processorと、GUIを実装するWAM.Controllerとがあり、このうちWAM.Processorに対して、Web Audio APIからのコールバックを受けて信号処理を実行するという仕組みのようです。
image.png

SDKについて

WAMsのSDKはGithubにて公開されています。リンク
WAMs SDKはC言語で書かれています。
WAMsのAPIが定義されたCインターフェースを実装し、EmscriptenでWeb Assembly化することで、JavaScriptにロードさせるという仕組みになっています。

ADC2018でのセッション

開発者のOli LarkinとJari KleimolaがADC2018で行ったセッション動画が公開されています。

Oli Larkin - Bringing VirtualCZ to the Web
ビデオが開けなかった場合に表示されるテキスト

Jari Kleimola - JUCE plugins for web browsers
ビデオが開けなかった場合に表示されるテキスト

COx2
JUCEフレームワークの日本語解説書を制作・販売しています(非公式・商標使用許諾済み)。 JUCE JAPAN の電子版はAmazon Kindleストアにてご購入いただけます。 https://www.amazon.co.jp/dp/B07HQHFKX9
http://oufac.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした