Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu18.04でChrome Remote Desktop HostをWeb版からインストールした時のメモ

友人に頼まれて、Ubuntu18.04にWeb版移行後のChrome Remote Desktopのホストをツッコんだときのメモ

環境

  • Ubuntu 18.04 / デスクトップ環境はKDE Plasma
    • Xubuntuインストール後にKDEをインストールとかいう誰得環境
  • Google Chromeは導入済

大まかな設定

まずは、Web版 chromeリモート デスクトップで、ダウンロードボタンからHostのダウンロードChrome拡張機能の追加を行います。

image.png

image.png

Ubuntu 18.04でアクセスしていた場合、chrome-remote-desktop_current_amd64.debがダウンロードされますので、画面を気にせずdpkgなりgdebiなりでインストールします。

その後は、こちらの記事

を参考に設定します。後述する理由により、

  • 3. グループへの追加
  • 4. Chromeリモートデスクトップの修正

のみを参考にします。

4.の設定を行うことで、画面に表示されているXセッションをリモートすることができるようになるようです。
逆に言うとデフォルトのままだと別のXセッションが立ち上がって、接続されたディスプレイに映る画面とリモート先に映る画面が別になってしまう...らしい。

だめだった......

導入時(2019/07)には、ChromeアプリがWebストアから導入できなくなっていたので、記事通りに設定ができません。
かつ、記事通りに設定ファイルを変更しても、このままでは、このデバイスから有効化ができませんでした。

でも、リモートサポートからアクセスコードを発行すれば、接続できるというよくわからない状態になってました。
????

詰んだ

悩んでも埒が明かないので公式ヘルプを確認したところ、

Linux で Chrome リモート デスクトップを使用する方法をご覧ください。

のリンクが仕事しなくなっていたので、ここで詰みました。 あぼーん

ふと思い出した

参考記事の参考情報

Google Chrome ヘルプを見るとホーム ディレクトリに.chrome-remote-desktop-sessionというファイルを作らないといけない。と書いてありますが今回の手順をとった場合は必要ありません

とありました。
以前16.04に導入した時に参考にした記事では、.chrome-remote-desktop-sessionファイルを作成し、中にセッション設定のコードを記載するようでした。

もしかしてと思い、ダメ元でこのファイル(とりあえず中身は空)をホームディレクトリに作成してみたところ、有効化できてしまった......(本当に空でいいのかはわかりません)

もしかしてこのファイルの存在如何でも見てるのかな?と思ったり

あとは、画面に表示される通りにPinを設定すれば、Googleアカウントに紐付けることができるようになります。(丸投げ)

最後に

今回やったことまとめ

  1. chrome-remote-desktop_current_amd64.debインストールする
  2. 参考記事通りに、カレントユーザをchrome-remote-desktopグループに追加して再起動
  3. 参考記事通りに、/opt/google/chrome-remote-desktop/chrome-remote-desktop変更
  4. ユーザのホームディレクトリに.chrome-remote-desktop-sessionファイルを作成 (とりあえず空)

以上になります。

設定後にAndroidから接続してみたところ、ホスト上の音声は転送されないようです。(残念)
それ以外は、Windowsホストなどに接続した場合と同じように操作できました。

記事を書き終わったに、.chrome-remote-desktop-sessionについてちゃんと書いてある記事を見つけて、この記事の存在価値を疑いたくなりました。
やっぱりちゃんと記述したほうがいいのかなとも思いつつ、初心者の足掻き兼備忘録ということでひとつ。

参考・引用

参考先の記事をわかり易く翻訳されていて大変助かりました。この場を借りて感謝申し上げます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした