Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu へ Chrome Remote Desktop を使ってMacからリモート接続

More than 1 year has passed since last update.

Ubuntu へ Chrome Remote Desktop を使ってMacからリモート接続

概要

リモートのLinux機にアクセスするのに、通常のSSH接続でもよいが、
画像を確認したい場合や、IPアドレスが変わり、トンネルを通すのが大変な場合でもリモート接続が可能で便利である。

▼Macからの接続画面
image.png

インストール

公式説明より抜粋

Chromeのインストール後に公式ページよりChrome リモートデスクトップをインストール。
Chrome リモートデスクトップ

image.png

64bit Debian パッケージのインストール

64bit Debian パッケージをこちらからダウンロード

.chrome-remote-desktop-session の作成

  1. /usr/share/xsessions/ で、ご使用のデスクトップ環境の .desktop ファイルを探します。 たとえば Cinnamon の場合は、「cinnamon.desktop」という名前のファイルがあり、次のコマンドが指定されています: gnome-session --session=cinnamon
  2. ホーム ディレクトリに .chrome-remote-desktop-session というファイルを作成し、次の内容を指定します。 exec /usr/sbin/lightdm-session "<YOUR_EXEC_COMMAND>"
  3. <YOUR_EXEC_COMMAND> の部分を、.desktop ファイルの末尾にあるコマンドに置き換えます。 Cinnamon の場合、正しいコマンドは次のようになります: exec /usr/sbin/lightdm-session 'gnome-session --session=cinnamon' 統一デスクトップの場合は追加のコードが必要です。コマンド全体は次のとおりです: DESKTOP_SESSION=ubuntu XDG_CURRENT_DESKTOP=Unity XDG_RUNTIME_DIR=/run/user/$(id -u) exec /usr/sbin/lightdm-session 'gnome-session --session=ubuntu'
  4. 「.chrome-remote-desktop-session」というファイルを保存します。 ```

Ubuntu 16.04では以下のようになっている。

$ cd /usr/share/xsessions
$ ls
ubuntu.desktop
$ cat ubuntu.desktop
[Desktop Entry]
Name=Ubuntu
Comment=This session logs you into Ubuntu
Exec=gnome-session --session=ubuntu
TryExec=unity
Icon=
Type=Application
DesktopNames=Unity
X-Ubuntu-Gettext-Domain=gnome-session-3.0

ホームディレクトリに.chrome-remote-desktop-sessionを作成する

$ vi ~/.chrome-remote-desktop-session
[以下の内容を記載]
exec /usr/sbin/lightdm-session 
DESKTOP_SESSION=ubuntu XDG_CURRENT_DESKTOP=Unity XDG_RUNTIME_DIR=/run/user/$(id -u) exec /usr/sbin/lightdm-session 'X-Ubuntu-Gettext-Domain=gnome-session-3.0'

リモート接続の許可

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 上部のアドレスバーに「chrome://apps」と入力し、Enter キーを押します。
  3. Chrome リモート デスクトップ Chrome リモート デスクトップ アプリ をクリックします。
    image.png

  4. [マイ コンピュータ] の [利用を開始] をクリックします。

  5. [リモート接続を有効にする] をクリックします。
    image.png

  6. PIN を入力し、同じ PIN を再入力して [OK] をクリックします。

  7. 確認ダイアログを閉じます。

トラブルシューティング

壁紙だけが表示される場合

⇢ desktop立ち上げ時の環境設定を変更することでうまく行きます。

他のパソコンから見た時にオフライン状態でリモート接続が選択できない。

⇢ 別な方法で設定を行い回避します。

# システムを停止し、立ち上げ時のスクリプトを編集します。
$ sudo systemctl stop chrome-remote-desktop.service

# 立ち上げスクリプトのバックアップを取ります。
$ sudo cp /opt/google/chrome-remote-desktop/chrome-remote-desktop /opt/google/chrome-remote-desktop/chrome-remote-desktop.org

# 環境変数の確認をします
$ echo $DISPLAY
[値を覚えておく]

立ち上げスクリプトを編集していきます。

$ sudo vi /opt/google/chrome-remote-desktop/chrome-remote-desktop
FIRST_X_DISPLAY_NUMBER = 20

↓ ここに、echo $DISPLAYの結果を入れて、現在のディスプレイがリモート接続で見れるようにします。

FIRST_X_DISPLAY_NUMBER = 0 # 先ほど覚えた値
  @staticmethod
  def get_unused_display_number():
    """Return a candidate display number for which there is currently no
    X Server lock file"""
    display = FIRST_X_DISPLAY_NUMBER
    while os.path.exists(X_LOCK_FILE_TEMPLATE % display):
      display += 1
    return display

  @staticmethod
  def get_unused_display_number():
    """Return a candidate display number for which there is currently no
    X Server lock file"""
    display = FIRST_X_DISPLAY_NUMBER
    # while os.path.exists(X_LOCK_FILE_TEMPLATE % display):
    #   display += 1
    return display
  def launch_session(self, x_args):
    self._init_child_env()
    self._setup_pulseaudio()
    self._setup_gnubby()
    self._launch_x_server(x_args)
    self._launch_x_session()

↓ 新しくXセッションを立ち上げる代わりに、すでに立ち上がっているホスト側の画面を利用。

  def launch_session(self, x_args):
    self._init_child_env()
    self._setup_pulseaudio()
    self._setup_gnubby()
    # self._launch_x_server(x_args)
    # self._launch_x_session()
    display = self.get_unused_display_number()
    self.child_env["DISPLAY"] = ":%d" % display

変更し終わったら再起動しましょう

$ sudo systemctl restart chrome-remote-desktop.service

以下のように接続ができれば成功です。
画面サイズなどは、先ほど編集したスクリプトを触ることで変更が可能です。
▼Macからの接続画面
image.png

参考

How to Install Chrome Remote Desktop on Ubuntu 18.04

k_ikasumipowder
クリエイティブ系のAIツールをワンストップで使えるサービス開発をしています。 https://cre8tiveai.com/ 絶賛採用中ですので、興味ある方はFacebookやTwitterでご連絡ください。 Deep Learning の Researcher と MLOps 等をやっています。 画像処理、映像、Computer Visionが多めです
https://cre8tiveai.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした