JavaScript
map
初心者
es6
ゆるふわ

【JavaScript】【map編】ES6は、for文は書かない方針でいきましょう!

この記事の内容

  • JavaScriptのES6で正式採用された「map」の使い方について
  • for文は駆逐していく方針らしいです

なぜ駆逐するのか

  • 読みづらいし、ナウくないから。
  • 配列の取り出し方を制する者は、ES6を制すから

さっそく書き方

いつもの「for文」

var cars = [
   { type: '軽自動車', price: '安い'},
   { type: '高級車', price: '高い'}
];

  for (var i = 0;  i < cars.length;  i++ ) {
    var prices = cars[i].price;
    console.log(prices);
    // 安い、高い
  }

最新の「map文」

var cars = [
   { type: '軽自動車', price: '安い'},
   { type: '高級車', price: '高い'}
];

var prices = cars.map(function(car){
  return car.price;
});
//結果:["安い", "高い"]

補足

  • 配列内のオブジェクトの好きなプロパティを取り出して、新しい配列を作成することができる

まとめ

  • だんだんfor文を使わなくても値を取り出せるようになってきた。
  • for文で取り出さないで、いろんなメソッドを使って取り出すからこそ真のJavaScript使いになれるんだと思う