search
LoginSignup
4

More than 1 year has passed since last update.

Organization

VPNを複数接続したときのルーティング設定

株式会社シンプルウェイ Advent Calendar 2020 の5日目です。

サーバーへのアクセスできる回線が限定されている場合に、それをクリアするためによくVPNが使われます。

シンプルウェイでもテレワーク中に社内サーバーにアクセスするためにVPNを使いますし、接続元IPを固定化するためにインターネット上のVPNサーバーへ接続したりします。

ところで、VPNを多用しているとルーティングがごちゃごちゃになって、VPNにつないでいるのに目的のサーバーにアクセスできないってことも起こります。

特にWindowsビルトインのVPN(L2TP/IPsecやSSTPなど)では、何も考えずに接続するとデフォルトゲートウェイがVPNになるので、インターネットへの通信などほとんどの通信が最後に接続したVPNを経由するようになってしまいます。

これを回避するためには自分でルーティングを設定してあげる必要があります。どのサーバーへの通信が、どこのVPNを通るかを整理してあげれば良いわけです。

VPN事例

例えばこんな接続を行いたいとします。

VPN接続例

  • インターネットへの通信はVPNを経由しない
  • 会社の社内サーバーへの通信はVPN1を経由する
  • example.comサーバーへの通信はVPN2を経由する

これを実現するためには下記のように設定します。

(1) VPNのデフォルトゲートウェイ設定を外す

まずVPNのデフォルトゲートウェイ設定を外しましょう。

  • Windowsキー+Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」を起動
  • 「control ncpa.cpl」を入力してコントロールパネルのネットワーク接続を開く
    ファイル名を指定して実行

  • VPN接続用のネットワークアダプタを選択して、右クリックメニューからプロパティを選択
    VPN接続のプロパティ

  • 「インターネット プロトコル バージョン4」を選択

  • 「プロパティ」ボタンを選択

  • 「詳細設定」ボタンを選択

  • 「リモートネットワークでデフォルトゲートウェイを使う」のチェックボックスをOFFにする
    リモートネットワークでデフォルトゲートウェイを使う

ここまでの設定で事例の「インターネットへの通信はVPNを経由しない」「会社の社内サーバーへの通信はVPN1を経由する」が実現できています。

VPNを接続してもインターネットへの通信は通常通り手元の回線を通っていきます。

またVPN1が接続状態の場合、手元のPCに192.168.50.0/24のセグメントのIPが割り振られているので、社内LANへの通信は自動的にVPNの回線を通っていきます。

(2) 特定IPへの通信をVPN経由にする

次に特定のサーバーへの通信はVPNを通るように設定します。

  • スタートボタンを押して「cmd」を入力
  • コマンドプロンプトを右クリック
  • 「管理者として実行」を選択
    コマンドプロンプト
  • route add [サーバーIP]/32 [ゲートウェイIP] を入力して実行
    事例の場合 route add 203.0.113.1/32 192.168.100.1 route addコマンド

これでexample.comへの通信はVPN2を通るようになります。

サーバーが複数ある場合は、同様にルートを追加していけばOK、VPNが複数ある場合はゲートウェイを変えて同様にルートを追加していけばOKです。


これであなたもルート設定自由自在。VPN接続がいくらあっても大丈夫!

なお、設定は自己責任でお願いします。管理者権限が必要な通り、PCの動作に影響を及ぼす操作です。もし通信がおかしくなってしまったら再起動しましょう。リセットされます。

※ シンプルウェイのスタッフで上記設定が可能なのはBYODの人だけです。会社貸与PCは管理者権限がないので設定不可です。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
4