Edited at

GooglePlayのリリースノートで64ビット要件に準拠していませんと警告が出た場合の対処法


はじめに

Unity2017.4を使ってアンドロイドゲームアプリをリリースしようとしたところリリースノートに上記のような警告文が表示されており、

解決方法を見つけるのに苦労したので共有します。


全体の流れ

Unity2017.4.16以降でファイルを64bitで生成するにはビルド設定を変更するだけで大丈夫です。


解決方法

Unityを開いてFile > [Build Settings] > [Player Settings] パネル > [Settings for Android] > [Other settings] > [Configuration]に移動します。

File.png

playersetting.PNG

snapping.PNG

[Scripting Backend] を IL2CPPを設定し、[Target Architectures] の [ARM64] チェックボックスをオンにします(赤い線の部分)。その後にビルドをし直してください。

Other setting.PNG

今リリースノートに置いているapkファイルを、上の手順を実行してできたファイルに置き換えると警告が消えてリリースができるようになります。

2019年8月1日から、Google Playで公開するアプリは64ビットアーキテクチャをサポートする必要があるそうです。

Unityはビルドの設定を変更しないと通常は64bitでは生成されません。Unity2017.4.16以降であればこのようにビルド設定を変更することで64bitライブラリが生成できるようになっているようです。


参考にした記事

https://developer.android.com/distribute/best-practices/develop/64-bit?hl=JA