search
LoginSignup
5

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

AmazonLinux2 に RemoteDesktop でログインする

AmazonLinux2 に RemoteDesktop でログインする

時々、Linux環境のGUIが必要になる時があります。(UIインストーラしかない時とか)
AmazonLinux2でそんな状態になった時用の手順です。
(今時、多くはないですが)

クライアントの準備も Windows Remote Desktop Client を使うだけなので楽です。

なお、以下2つの記事を組み合わせた内容です。

TL;DR

MATE, TigerVNC をインストールして xrdp をたちあげれば Windows Remote Desktop から繋がる。

手順

1. MATEをインストールする

sudo amazon-linux-extras install mate-desktop1.x
sudo bash -c 'echo PREFERRED=/usr/bin/mate-session > /etc/sysconfig/desktop'

2つ目のコマンドで、全てのユーザに対し MATE をデフォルトデスクトップとして指定します。

2. TigerVNCをインストールする

sudo yum install tigervnc-server
vncpasswd

2つ目のコマンドは、VNC固有パスワードを設定します。

sh-4.2$ vncpasswd
vncpasswd
Password:
Verify:
Would you like to enter a view-only password (y/n)? n
A view-only password is not used
sh-4.2$

3. xrdp をインストール、起動する。

sudo amazon-linux-extras install epel
sudo yum install xrdp
sudo systemctl start xrdp
sudo systemctl enable xrdp

amazon linux extras で epelリポジトリを使えるようにした上でインストールします。

4. 接続してみる

Windows からのログインです。標準のリモートデスクトップクライアントを使っています。

login.png

ユーザとパスワードを入れてOKします。

loggedin.png

入れました。

Macの Microsoft Remote Desktop でも同様に入れました。

msremotedesktop.png

おまけ

epel 入れた後、リポジトリの参照がうまくいかなかった時

このページを参考にしました。
yum updateで「他のミラーを試します」から進まない時の対処法

書いてあることとちょっと違いますが、 /etc/yum.repos.d/epel.repo を開き、以下対処で解消しました。参考まで。
- baseurl のコメントアウトを外す
- metalink をコメントアウトする

(以下、修正後の例)

/etc/yum.repos.d/epel.repo
[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch
baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/$basearch
#metalink=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7

...

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
5