Help us understand the problem. What is going on with this article?

EC-CUBE4系をレンタルサーバー(XSERVER等)にインストールした後に、メール設定でSMTP・SSLを使用する設定手順

概要

前記事(XSERVERに、EC-CUBE4系をもっとも簡単にインストールする手順)において、EC-CUBE4のインストール画面での「メールの設定(SMTP設定)」という項目では、一旦SSLなし:587番ポートで設定するとお伝えしました。

メールのSMTP設定内容は、EC-CUBE4のインストール終了後、カレントディレクトリ上にある.envファイル内にデータが書き込まれます。

今回は、この.envファイルを書き換えてSSLあり:465番ポート書き換えましょう!という内容です。

参考:XSERVER上での.envファイルの設置場所

.envファイルは、EC-CUBE4をインストールしたカレントディレクトリ上にあります。
他のレンタルサーバーにインストールした場合でも同様です。
SnapCrab_NoName_2019-6-13_18-31-32_No-00.png

具体的な設定手順

それでは、SSLへの対応方法(.envファイルの記述変更方法)を説明していきます。
やり方はとても簡単です。

前回EC-CUBE4のインストール画面で設定した内容(XSERVERでの例)

  • SMTPホスト:sv***.xserver.jp(契約サーバーにより異なる)
  • SMTPポート:587
  • SMTPユーザー:メールアカウントの追加で設定したメールアドレスを入力
  • SMTPパスワード:メールアカウントの追加で設定したパスワード

この設定内容が.envファイルの25行目に、下記の通りに記述されます。

MAILER_URL=smtp://SMTPユーザー:SMTPパスワード@sv***.xserver.jp:587?auth_mode=plain

このままの状態でもメールは送信出来るのですが、SSLに対応していないため以下の記法に書き換えます。

MAILER_URL=smtp://sv***.xserver.jp:465?encryption=ssl&auth_mode=login&username=SMTPユーザー&password=SMTPパスワード

これで正常に、SSLを使用してメールが送信出来るようになりました。

※この書き換えにより、SSLなし:587番ポートからSSLあり:465番ポートに切り替わっています。

さくら・ロリポップなどの他レンタルサーバーを使用する場合

公式サイトのEC-CUBE 4系対応サーバを参照して、お気に入りのレンタルサーバーを選んでください。

また、設定項目のSMTPホスト・SMTPポート・SMTPユーザーに関しては、各レンタルサーバーごとに必要な内容に適宜書き換えてください。

補足事項・番外編

補足:EC-CUBE4上での.envファイルの取扱について

EC-CUBE 4.0 開発ドキュメント上にも記載のある通り、.envファイルは開発用途での環境変数を設定するためのものであり、本番環境での使用は推奨されません。本番環境では、環境変数をサーバー設定ファイルに設定することを推奨します。とのことです。

この設定変更方法は、後日ご紹介したいと思います。

番外編:Sendmailを使用してメールを送信する方法

EC-CUBE4インストール画面で、特にメール設定をいじらずに設定すると、

  • SMTPホスト:localhost
  • SMTPポート:25
  • SMTPユーザー:無記入(空欄)
  • SMTPパスワード:無記入(空欄)

といった内容になり、このままで設定してしまうとメール送信エラーになり、会員登録や注文、問い合わせでタイムアウトまで非常に長い時間待機させられるが、結局メールが送信されなくなります(メールが届かなくなります)。

.envファイルには下記の通りに記述されています。

MAILER_URL=smtp://localhost:25

これを、下記の通りに記述変更します。

MAILER_URL=sendmail://localhost

これで、Sendmailを使用してメール送信することが出来ます。

※但し、なるべくSendmailを使用せずにSMTPしたほうが良いかなとは思います。

参考情報URL

この記事を作成するにあたり、参考にさせていただいた各記事のURLは下記のとおりです。
情報を提供してくださった皆様には、謝辞を申し上げます。

※逆に、これだけの中から情報を探すのが結構大変でした。必要性を強く感じて、体系的に学べるようにまとめた次第です。

Sendmail設定関連

SMTP・SSLなしの設定関連

SMTP・SSLありの設定関連

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away