Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@7note

CSSだけでハートを作る方法

どうも7noteです。フォントの♥では面白くないので、CSSでオリジナルハートを作ります。

image.png

CSSだけでできちゃうハートの作り方です。
正直な話、使いどころはあまり思いつかないですが、結構自由に作ることができると思うので
画像じゃなくCSSの勉強として取り組んでみるのはアリかなと思います。

ハートの作り方

index.html
<div class="heart"></div>
style.css
.heart {
  width: 100px;  /* 正方形を作る */
  height: 100px; /* 正方形を作る */
  position: relative;/* 基準位置とする */
}
.heart::before,
.heart::after {
  content: "";  /* 疑似要素に必須 */
  width: 50%;   /* ハートの丸い部分の大きさにかかわる */
  height: 80%;  /* ハートの高さにかかわる */
  background: #E0548E; /* ハートの色 */
  border-radius: 25px 25px 0 0; /* ハートの半円を生成 */
  display: block; /* ブロック要素にする */
  position: absolute; /* 相対位置に指定 */
}
.heart::before {
  transform: rotate(-45deg); /* 左に回転 */
  left: 14%;                 /* 左からの位置を指定 */
}
.heart::after {
  transform: rotate(45deg);  /* 右に回転 */
  right: 14%;                /* 右からの位置を指定 */
}

解説

上部が半円の長方形を2つ、

image.png

こいつを回転させて、

image.png

フュージョン!!

image.png

完成。

まとめ

CSSに慣れてくれば結構様々な形が作れるようになります。
まぁCSSで作る必要のないものも多いですが、いろいろな形を作れるということはそれだけCSSのプロパティを使いこなせているという自信にもつながるのでぜひ思いついたものをCSSで作ってみたりしてください。結構楽しいです。

おそまつ!

~ Qiitaで毎日投稿中!! ~
【初心者向け】WEB制作のちょいテク詰め合わせ

3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
7note
フロントエンジニア5年目。3〜4人ほど後輩の育成経験もあり。HTML・CSS初心者向けにわかりやすい記事を意識して書いていきます!目標毎日更新。自社開発を中心にWEBサイト制作を行っています。約40件のHP制作経験あり。Wordpressで独自テーマの開発などもちょこちょこやってます。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?