Help us understand the problem. What is going on with this article?

刻【とき】について語る時、いつも其処にはキミがいる

12月12日

08:30

動画配信サービスのネットワークトラフィックみたいな通勤電車の中で、つり革を掴む男性の右手首につけられた腕時計が目にとまった。シンプルだが上質そうなセイコー製のオートマチックアナログ。
規則正しく廻る長針と短針の下には、1から12までの数字が几帳面に並べられてた文字盤がある。
其処には、其れ以上も、其れ以下も存在しない。

09:45

出社と同時にタスクの確認をする。隙間なく埋められたスケジュールを眺め、短いため息をつく。
やれやれ、もしかすると彼らは1時間が60分だってことを忘れているのかもしれない。
通勤途中にコンビニで購入したカップ入りのコーヒーを口にふくむと、そこはかとなくロマンセ

12:00

昼食はいつも1人で済ませる。即席麺はお湯を入れて1分で食べる。
貴重な1時間の休息なのだ。1分だって無駄にはしたくない。

子供の頃、「どうして1分は60秒で1時間は60分なんだろう」と疑問に思った事はないだろうか。
そして、「どうして一日は24時間なのだろう」。。。と。

12 * 5 = 60
12 * 2 = 24

其処には、いつも12がいた。

19:00

定時が過ぎ、そそくさと会社を出ると外の寒さに一瞬だけひるんでしまう。もう12月なのだ。
年齢とともに1年という時間が加速しているように感じる。
これが、相対性理論か。

23:59

日付が変わる時間は何時だろう。私は多くの場合、その時間を24時と呼ぶ。
でも、その時間を0時と呼ぶ人もいれば、12時と呼ぶ人だっている。
どんな呼ばれ方をしようと、ソレは、ただ黙って日付を変えてしまうのだ。

あとがき

まずはなによりも、 12さん に感謝もうしあげます。そして、協力してくれた 24くん と 60さん にも感謝を。

数字の世界って不思議ですよね。とても興味深いです。
今回、なぜ12になっているかについての詳細は あえて 記載しませんでした。
そういえば、なんでなんだろう? というキッカケになれば幸いです。

あと、いつも途中で失速してしまうので来年は克服したいとおm

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした