Help us understand the problem. What is going on with this article?

【AWS】初めてのECR

More than 1 year has passed since last update.

AWSで提供されているECR(EC2 Container Registry)を使ってみました。

リージョン

今のところus-east-1のみでの提供です。 Tokyo(ap-northeast-1)にもきました。

事前準備

aws cliのconfigureでecr用のプロファイルを作成しておくと便利です。
※リージョンを聞かれるので、us-east-1を指定して下さい。

aws configure --profile ecr

リポジトリ作成

とりあえず初めてなので、AWSマネージメントコンソールから作成しました。

手順
1. AWSマネージメントコンソールにアクセス
2. 右上のリージョンをUS EAST(N. Virginia)に変更
3. ECSサービスを選択
4. 左サイドバーのRepogitoriesを選択
5. Create repositoryボタン押下

作成するとその後の操作方法がコマンドライン表記で表示されます。

ECRへDockerイメージをプッシュ

表示された操作方法を元にイメージをプッシュします。

ECRにログイン
まずは最初に表示されているコマンドを実行

aws ecr get-login --region us-east-1 --profile ecr --no-include-email

そうするとレスポンスにログイン用コマンドがコマンドラインに表示されるので、それをそのまま実行するとログインが完了します。

プッシュするイメージを作成
ここで作成するイメージ名は、前段で作成したECRのリポジトリ名に合わせてください。

docker build -t 【イメージ名】 .

ECRにプッシュする為のタグを追加

docker tag 【イメージ名】:latest ************.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/【イメージ名】:latest

ECRにプッシュ

docker push ************.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/【イメージ名】:latest

ECRからプル

docker pull ************.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/【イメージ名】:latest

結果

うまくいきました!

会社等外部へ公開できない環境ででDocker運用する際などはprivate registoryを運用しないといけませんが、運用コスト等考えるとなかなか手がつけづらい部分でした。

だがしかしECRでかなり捗りそうですね!

追記

記事が古いですね。申し訳ありません。tokyoリージョンでもできます!最高!Fooooo!
これにより、今いる会社では本番環境でもECSでイメージ保存から実際の運用、サービス提供までやっています!コンテナで運用するとリソースの無駄遣いがマジでなくなりますね!感激!

3utama
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした