LoginSignup
131

More than 5 years have passed since last update.

JavaScript 大量の要素をDOMに追加する際の、createDocumentFragmentの使い方。

Last updated at Posted at 2015-05-20

大量の要素を挿入するときに、
毎回DOMにアクセスするとパフォーマンス的によろしく無いので
createDocumentFragment を使おうという教えを頂いたのでまとめです。

聞いた事あるけどよくわからんという方も多いのではと思います。

howToDocumentFragment.js
;(function(){

    var $ul = document.querySelector('#list'); // ul要素
    var songs = ['終わらない歌', 
                 'キスしてほしい', 
                 '僕の右手', 
                 '情熱の薔薇', 
                 '人にやさしく'];

    // もっと沢山要素がある想定でお願いします〜


    // 低速バージョン
    // 毎回DOMツリーへの更新が発生
    for(var cnt=0, len=songs.length; cnt<len; cnt++){
        var $li = document.createElement('li');
        var song = document.createTextNode(songs[cnt]);
        $li.appendChild(song);
        $ul.appendChild($li);  // 配列の要素数分、毎回追加
    }


/*
    高速化!
    fragment 訳:破片,断片,かけら
    DocumentFragment は、従来のDOMツリーとは分離された独立した小さなDOMツリー!

    DocumentFragment (木構造の頂点のノードになる)
    |
    |--- <li>
    |
    |--- <li>
    |
    |--- <li>

   こういう状態をつくってまとめて一回だけDOMにアクセスして追加すると良いみたいです。
*/

    // DocumentFragment
        var fragment = document.createDocumentFragment();

        for(var cnt=0, len=songs.length; cnt<len; cnt++ ){
            var $li = document.createElement('li');
            var song = document.createTextNode(songs[cnt]);
            $li.appendChild(song);
            fragment.appendChild($li); // fragmentの追加する
        }

        // 最後に追加!
        $ul.appendChild(fragment);

})();

こちらの説明わかりやすかったです。
http://uhyohyo.net/javascript/7_4.html

おわり

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
131