AWS
EC2
環境構築
AmazonLinux2

AWSのEC2で行うAmazon Linux2の初期設定

AWSのEC2で行うAmazon Linux2の初期設定です。Amazon Linux2が一般公開されましたので、今後はAmazon Linux2で開発を行っていこうと思います。


従来のAmazon Linux は Amazon Linux 2 正式版のリリースより2年間、2020年6月30日まで最新バージョンに対するセキュリティ更新やサポートが提供されますので、2年の間にマイグレーションをご検討ください。

参考:Amazon Linux 2 一般公開開始 と オンプレミス環境での実行について  | Amazon Web Services ブログ



バージョン情報



  • Mac OS 10.11.6(El Capitan)

  • Amazon Linux 2 AMI (HVM)


事前に用意しておく必要があるもの


  • 接続先EC2のパブリックDNS

  • 作業ユーザ(Amazon Linux2の場合デフォルトはec2-user)

  • EC2からダウンロードした秘密鍵(デフォルトは****.pem)


その他情報


AWSのEC2にSSH接続

秘密鍵を設定しAWSのEC2にSSH接続します。


秘密鍵の設定

#EC2からダウンロードした秘密鍵を[ .ssh ]ディレクトリに移動

$ mv /Users/ユーザ名/Downloads/秘密鍵名.pem ~/.ssh/

#パーミッション変更
$ chmod 400 ~/.ssh/秘密鍵名.pem


ssh接続

$ ssh -i ~/.ssh/秘密鍵名.pem ユーザ名@パブリックDNS

Last login: Tue Sep 25 14:59:30 2018 from ***.***.ne.jp

__| __|_ )
_| ( / Amazon Linux 2 AMI
___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-2/


初期設定

必要に応じて初期設定を行います。

#パッケージ更新

$ sudo yum update -y

#パッケージ自動更新
$ sudo yum install yum-cron -y
$ sudo sed -i "s/^apply_updates.*$/apply_updates = yes/g" /etc/yum/yum-cron.conf
$ systemctl status yum-cron
$ sudo systemctl start yum-cron
$ sudo systemctl enable yum-cron

#タイムゾーン変更
$ timedatectl status
$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

#日本語ロケール追加
$ localectl status
$ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8
$ sudo localectl set-keymap jp106


不要サービス停止

GUIで不要なサービスの停止することもできます。

#不要サービス一括設定(GUI)

$ sudo ntsysv


関連


参考