#C#

C#の基本文法 - 制御構文

授業でした内容を自分のメモとして書き残します。


C#の基本文法 - 制御構文


制御構文とは?

■ 制御構文の基本は以下の二つ
※ 構文が二つしかないわけではない

  1. 分岐
    • 条件などをチェックし、それにより実行する処理を変える
  2. 繰り返し
    • 決まった処理を何度も繰り返し実行する

1. if-else

〇 予め用意しておいた条件をチェックし、その条件が正しいかどうかで実行する処理を変える

ex1
if ( 条件 )
{
    ……条件が正しい時に実行する処理……
}
ex2
if ( 条件 )
{
    ……条件が正しい時に実行する処理……
}
else
{
    ……条件が正しくない時に実行する処理……
}

2. switch

〇 あらかじめチェック用の値を指定しておき、その値が何かによって処理を分岐する

ex
switch( チェックする値 )
{
    case 1:
        ……実行する処理……
        break;
    case 1:
        ……実行する処理……
        break;

    //……必要なだけcaseを用意する……

    default:
        ……どれにも当てはまらない時の処理
        break;
}

3. while, do

〇 用意された条件をチェックし、それが正しい間は処理を繰り返す
  この二つは、基本的には同じ働きをしている

while.ex
while ( 条件 )
{
        ……繰り返す処理……
}
do.ex
do
{
        ……繰り返す処理……
} while ( 条件 );

■ while と do の最大の違い
⇒ いつ、条件をチェックするか

  • while
    まず条件をチェックし、それがtrueなら処理を実行
    ※ 一度も処理を実行しない場合もある

  • do
    まず処理を実行し、その後に条件をチェックする
    ※ 一度は必ず処理を実行する

4. for

〇 条件をチェックし、trueならば繰り返し処理を行う

for.ex
for ( 初期化処理; 条件; 後処理 )
{
        ……繰り返す処理……
}
  • 初期化処理
    繰り返しに入る時、最初に実行するもの

  • 条件
    繰り返しを実行するかチェックするためのもの

  • 後処理
    繰り返す処理が終わった後でチェックするもの

■ 基本はカウンタ方式

ex
for ( int 変数 = 初期値; 変数 < 最大値; 変数++)

最後までお読みいただきありがとうございました。