Edited at

第1回 Setup PYNQ-Z1


はじめに

 おうちでもFPGAをいじってみようと思いたち、お手軽価格で遊べるZYNQ評価ボードとしてPYNQ-Z1をいじってみることにました。このメモは機種選定から起動するまでの備忘録です。setupは本家の記事をはじめ、たくさんQiitaに記事があるので、ここには作業のポイントだけを書きます。(そのほうがいいでしょ)

 メインPCを修理にだしたので回路いじりはちょっと先になりそうです。

第1回 Setup PYNQ-Z1

第2回 はじめてのJupyter

第3回 pythonとPYNQ PL資源へのアクセス

第4回 PYNQ OVERLAY

第5回 PYNQのOverlayを作ってみた

第6回 カスタムIPを作ってPYNQ overlayに組み込む

第7回 PYNQのHDMI出力overlayを作る

番外編 python ジャンプスタート


ボード選び

いまさらALTERAにいけないのでXILINXの評価ボードを探す。KINTEX-7くらいがよいのだが、お手頃価格のものがない。ZynQで探すとZYBO,ZedBoard,PYNQなど良さそう。FPGAはどれもほぼ同じだが、お値段でみるとPYNQ1択。おもちゃにするならpython付きも楽しそう。

Digilent,digikey,amazon,秋月などで扱いあり。思い立ったが吉日、店舗在庫を確認し秋葉原に突撃。


用意するもの


  • PC

  • micro USBケーブル

  • micro SDカード SDHC 8GB以上

 bootイメージをダウンロードしmicro SDに焼く。USB linuxと同じ要領。


起動(SD起動、USB電源の場合)

スライドスイッチにbootイメージの読み込み方法と給電方法を設定し、電源を投入します。


  • JP4/BootジャンパーをSD側(上側)にセット

  • JP5/PowerジャンパーをUSB側(下側)にセット

  • SDカードを挿入

  • J14/PROG-UART micro USBで電源を供給

  • イーサネットケーブルでLANに接続

IPアドレスは192.168.2.99,もしくはDHCP (自動設定)


起動の確認

しばらくするとLEDが4つ点灯します。

DHCP運用する場合は、最初にシリアル接続してifconfigするか、手当たり次第にpingを打ってIPアドレスを確認してから、SSHやブウラザでネット接続し、動作を確認します。

種別
アプリ
コマンド、URLなど
確認事項

シリアル
screen
screen /dev/tty.usbxxx 115200
ifconfigでIPアドレスを確認
ctr-a kの後yesで切断

コンソール
SSH
ssh xilinx@{IPaddress}
ログインできることなど

Jupiter
Jupiter
ブラウザ http://{IPaddress}
おたのしみ

ファイル
samba
smb://{IPaddress}/xilinx (mac/linux)
ファイルアクセス


まとめ

セットアップは簡単でした。

手間がかかるのは、イメージをダウンロードしてSDに焼くことと、DHCPであたったアドレスを探すところ。

間違えやすいのは、スイッチの設定と、sshでのユーザ名(xilinx)の指定です。

次はjupiter!


参考

本家 PYNQ getting started guide PYNQ-Z1 Setup Guide

@sachioksg PYNQ-Z1を始めます2