Node.js
開発環境
バージョン管理
anyenv
ndenv

anyenvのndenvを使ってnode.jsのバージョンを管理する

More than 1 year has passed since last update.

anyenvとは

anyenvは複数バージョンをインストールできる **env 系まとめて管理出来る環境管理ツール。
GitHub : riywo/anyenv

インストール

Githubからcloneする。

$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv

PATH設定

$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.your_profile
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.your_profile
$ exec $SHELL -l //シェルを再起動するコマンド

~/.your_profile の箇所は、利用しているシェルを指定。
私の場合は、 zshrcを使ってるので ~/.zshrc

こちらでanyenvのインストールは完了。

**envのインストール

ruby、perl、python、php、node.js、など**envからインストールできる。

$ anyenv install rbenv
$ anyenv install plenv
$ anyenv install pyenv
$ anyenv install phpenv
$ anyenv install ndenv

etc....

ndenvをインストール

$ anyenv install ndenv

インストールが無事完了すると、下記のように表示される。

$ anyenv version
ndenv: system (set by /Users/USERNAME/.anyenv/envs/ndenv/version)

インストール可能なバージョンの確認

$ ndenv install -l

下記のようにインストール可能なバージョン一覧が表示される。

  v0.11.13
  v0.11.14
  v0.11.15
  v0.11.16
  v0.12.0
  v0.12.1
  v0.12.2
  v0.12.3
  v0.12.4
  v0.12.5
  v0.12.6
  v0.12.7
  v0.12.8
  v0.12.9
  v0.12.10
  v0.12.11

etc....

必要なバージョンをインストール

今回は、v0.12.7をインストールする。

$ ndenv install v0.12.7

インストールされてるかの確認

ndenv versions

下記のように、インストール済みのバージョン一覧が確認できる。

$ ndenv versions
  system
  v0.12.0
  v0.12.4
  v0.12.7
* v4.1.1 system (set by /Users/USERNAME/.anyenv/envs/ndenv/version)
  v4.4.5
  v5.2.0

インストールしたバージョンに切り替える

PC全体でバージョンを指定したい場合は、 global を指定。

$ ndenv global v0.12.7

今いる位置のローカルで指定したい場合は、 local を指定。

$ ndenv local v0.12.7

私は、プロジェクトごとにnodeのバージョンが違うので、 local で指定している。

切り替わったか確認

$ node -v

指定したバージョンに切り替わっていれば完了。

v0.12.7

切り替わらない時の対処法

$ ndenv rehash

参考

GitHub : riywo/anyenv