Edited at

Unity×Oculus GO Windows 開発環境準備~実機検証

More than 1 year has passed since last update.

株式会社ZOOA(ゾーア)のzobです。[@twitter]

荻野さんからOculus GOを少し借りる機会があったので、早速試してみました。



※Oculus公式HPから画像引用


開発環境

以下の環境で検証しています。

種類

OS
Windows10

CPU
Intel(R) Core(TM) i5-7300U CPU ` 2.60GHz

RAM
8GM

Unity
2018.1.0f2


参考資料

以下の資料を参考にしています。

Oculus Go とUnityとMacで始めるVR開発


開発環境準備

今回は開発環境の準備、及び実機検証までを行います。


Oculus GOの開発者モード設定

以下の画像の通り、スマホアプリから開発者モードを有効にしてください。



※【Unite Tokyo 2018】Oculusで作るスタンドアローン・モバイルVRコンテンツより引用

これで準備はOKです。


Platformインストール

Unityが未インストールの場合、最初の設定でAndroidを含めてインストールしてください。

もし、Unityがすでにインストール済みだけど、Androidの開発環境が未インストールの場合、BuildSettingsを開くと以下のiOSのように、ダウンロードページを開くボタンが表示されます。

ボタンを押してAndroid開発環境のインストーラーをダウンロード後、インストーラーを起動してインストールしてください。

インストール終了後にUnity再起動後、BuildSettingsのAndroidが以下のようになっていればOKです。


Platform設定

BuildSettingsのAndroidを選択後、Switch Platformを押すと、下記の画像通り、Androidの隣にUnityアイコンが付きます。

続いて、Player Settingsをクリックします。

InspectorタブにPlayer Settingsが開かれるハズです。

下のアンドロイドアイコンのタブをクリックし、XR Settingsをクリックします。

Virtual Reality Supportedにチェックが入っていることを確認後、Virtual Reality SDKsの下にある+ボタンをクリックします。

すると上記画像の通り選択できるので、下のOculusをクリックします。



この通り、Oculusが追加されればOKです。


Asset Store

Asset Storeから開発を補助するアセットをインストールします。

Oculus Integration

これで実機検証に必要な設定とアセットの準備が出来ました!


実機検証

まずはOculus GOで検証できるかを試してみましょう。

Projectタブから/Assets/Oculus/VR/Prefabsを開き、OVRVCameraRigと名付けられたPrefabsをシーンに置きます。

このような感じにOVRVCameraRigを置いています。

ただこれだけでOKです。しかし、これだと寂しいのでSuriyunさんの以下のアセットをシーンに置いています。

これでOculus GOをUSBでつないだ後、下の画像にあるプレイボタン(▶のボタン)を押すと、Oculus GOで女の子が見れます!

もし、見れない場合はUSBのデバッグをするかOculus GO側で確認が出るので、許可してください。


まとめ

予想以上に簡単にOculus GOの開発環境が整いました。

実機検証含めて、ここまで手軽にできるとは驚きです! 色々とやれそうです!

・技術検証協力、及びOculus GO提供 荻野雄季(Twitter, Qiita)


株式会社ZOOA(ゾーア)

弊社はフリーランスや、個人事業主に特化したSES案件共有サイト(ZOB)も運営しておりますので給料UPを目指している方は是非こちらもご覧ください!