GAS で「一部のスコープへのアクセス権限がありません」と怒られたときの対処法

  • 71
    いいね
  • 12
    コメント

(今の GAS の挙動に基づいた記事なので、賞味期限短いかもしれません)

何が起きたか: GAS の認証エラー

最近、 GAS (Google Apps Script) からスプレッドシートなど他の Google アプリを操作しようとしたときに表示される認証画面で、「invalid_scope 一部のスコープへのアクセス権限がありません」というエラーが表示されるようになりました。

google_auth2.png

これを突破するのに結構ハマってしまいました。

原因と対処法

どうやら、Google Apps Script では、レビューを受けたアプリ以外のアプリからの Google Drive などの操作を原則弾くようになったようです。

「レビューを受けたアプリでないことを承知の上で承認する」というオプションが、日本語版のログインページでは未実装のようで、その影響で新しく作ったアプリの認証がエラーになっているようです。

対処法は、

  1. 承認画面に飛ぶ

google_auth1.png

  1. 認証に使うアカウントを選択する画面で、左下のプルダウンから「言語を英語にする」

google_auth3.png

  1. 「このアプリはレビューが済んでいませんよ」という画面に飛ぶので、 Advanced をクリック

google_auth4.png

  1. 理解したうえで進む (Go To <アプリ名>)、というオプションが表示されるのでクリック

google_auth5.png

  1. Continue とタイプしてね、と言われるので、タイプする

google_auth6.png

これで認証が完了します。

最近 GAS に手を出して詰んでしまった仲間の参考になれば幸いです。