Posted at

Macbook ProでThunderbolt 2接続の外付けGPUを使う(Netstor NA211TB + GeForce GTX 760)

More than 1 year has passed since last update.

間も無くHigh Sierraがリリースされるというタイミングなので今さら感がありますが、Netstor製のThunderbolt 2接続PCIe拡張ボックス「NA211TB」を入手したので、GeForceを載せてMacbook Proから外付けGPUとして使えるようにしてみました。


環境


  • Macbook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) macOS Sierra 10.12.6

  • Netstor NA211TB (Thunderbolt 2, 300W)Technologies

  • Gainward GeForce GTX 760


設定

automate-eGPUを使うと、ドライバのインストールから設定まで自動でいい感じにやってくれます。


macOSのSIPを無効にする

Sierraの場合はリカバリーモードから簡単に無効にできます。一度Macの電源を落とし、Command+Rを押しながら起動してリカバリーモードにします。

上部のメニューから[ユーティリティー]->[ターミナル]と選んでターミナルを立ち上げ、次のコマンドを実行します。

csrutil disable

これで、Macを再起動すればSIPが無効化されます。

ちなみに、元に戻すときは同じようにリカバリーモードでターミナルを立ち上げて次のコマンドを実行します。

csrutil enable


automate-eGPU.shのダウンロードと実行

MacとNA211TBをThunderbolt 2ケーブルで接続し、NA211TB側の電源を入れた状態で、ターミナルを立ち上げて以下のようにコマンドを実行します。

curl -o automate-eGPU.sh https://raw.githubusercontent.com/goalque/automate-eGPU/master/automate-eGPU.sh

chmod +x automate-eGPU.sh
sudo ./automate-eGPU.sh

途中で何度か質問があります。特に問題がなければ全て「y」で大丈夫だと思います。


再起動

Macを再起動します。


プライマリディスプレイを設定

このビデオの20秒くらいからを参考に、eGPUのディスプレイをプライマリに設定します。

以上です。ビデオカードの設定を見ると、GeForceが追加されていることが確認できます。

170919-0003.png

170919-0002.png