Help us understand the problem. What is going on with this article?

Automation AnywhereでのBot作成時にオススメのテンプレート

概要

Botを社内で活用する際に、運用時を意識したBot設計をしたいけど、どんな風にしたら?と思う人にオススメのテンプレートです。
このまま使うも良し、これをベースにカスタムするも良し。
Bot Storeから無償でダウンロードできます。
なお、日本語化したものをここ<-にUpしておきました。

Framework to build task bots – Bot Store
image.png

image.png

テンプレートに含まれるもの

含まれるものは以下の通り。

  • フォルダ構造
    • エラーフォルダ
      • ログ
      • スナップショット
  • テンプレートのatmxファイル(Botの中身)
  • ドキュメンテーション (Readme)

テンプレートの構造

  • ヘッダー部(タスク名、概要、最終更新日、最終更新者)
  • エラー処理(初期設定部)
  • 初期設定
    • 各用途のフォルダパス設定
    • 必要なフォルダが存在するかどうかのチェック
    • 設定ファイル読み込み
    • 一時ファイルのクリーンナップ
    • Windows上の不要なアプリケーションのクリーンナップ
  • エラー処理(メイン処理~終了処理)
  • メイン処理部分
  • 終了処理

使い方

  1. Bot Storeからダウンロードし、インストール。
  2. 下記フォルダにインストールされます。

Automation Anywhere Files\Automation Anywhere\My Tasks\Bot Store\Taskbot-Template-With-Best-Practices-AA\
3. Readmeを読む
4. 上記フォルダの下のMy TasksフォルダにあるテンプレートファイルTaskbotTemplateWithBestPractices.atmxを任意の場所にコピーし、任意の名前に変更して使う。

Readmeファイルの和訳

ベストプラクティスを盛り込んだタスクBotテンプレートのReadme

Bot概要

このBotは以下のような役割を果たします:
- このBotはBot開発のベストプラクティスが組み込まれたもので、テンプレートや、開発の出発点として利用することが出来ます。

  • 要件 Automation Anywhere Enterprise v10.7 sp2以降のバージョン

インストール

  • BotをBot Storeからダウンロードする。
  • <ボット名>.msiをダブルクリックし、指示に従ってインストールする。
    ※初めてのユーザ向け: “Bot Store”というフォルダがローカルディスクの<AA Directory>/My Tasks の下に作成されます。

  • インストーラーが以下のフォルダ構造を以下に作成します。

        - <AA Directory>
                - My Tasks
            - Bot Store
            - Taskbot Template With Best Practices
        - My Tasks
            - TaskbotTemplateWithBestPractices.atmx
        - Error Folder
            - Logs (Folder)
                - Error Logs Month-Day-Year.txt
            - Snapshots (Folder)
                - Error Snap Month-Day-Year.png

Botの使い方

1.TaskbotTemplateWithBestPractices.atmxファイルのコピーを作成する。
2.コピーした同ファイルを任意の名前に変更する。
3.Botに記載されているアクション/コードを確認する。
4.必要に応じてコメントやアクションを書き換える。
5.$vMainFolder$といった変数の値を用途に応じた値に変更する。
6.Config File(設定ファイル)を設けるのは必須ではないですが、変化する値などを記載しておけるようにするため、使用を強く推奨しています。例えば、開発環境から実行環境へ移行する際に変化する値など。

このテンプレートはメイン/親 タスク向けに作らており、サブ/子タスク向けではありません。必要に応じて改変してください。

エラー処理 (Error Handling)

  • 各Botのフォルダには以下の階層があります。
    -Error Folder
        -Logs
            •Error Logs Month-Day-Year.txt: 何かエラーが発生した際にはこのファイルにタイムスタンプ付きのログが記録されます。
        -Snapshots
            •Error Snap Month-Day-Year.png: 何かエラーが発生した際にはこのファイルにスナップショットが記録されます。
  • Botのタスクステータスはfailedに設定されます。

参考ページ

Bot Storeの使い方については、以下のページが分かりやすいです。
【Automation Anywhere】Bot Storeで新しい機能を追加しよう! - Qiita

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away