Help us understand the problem. What is going on with this article?

AliEatersで旅した1年を振り返る。

はじめに

このアドベントカレンダーも最終日。
ガチな記事が並んでいますがそれはそれ、旅人が内容薄めでお送りします。
(そして写真が間に合いません。追って追加します。。)

Alibaba CloudのユーザグループAliEaters。
全国各地で開催されるようになり、全国津々浦々を旅歩きするつもりが。。
札幌・東京・上海にしか行っていなかったようです。
これまで広く浅く全国各地を旅してきましたが、狭く深く旅した今年1年を思い出しつつ、AliEatersの1年を振り返ります。

開催都市の増加と専門支部の旗揚げ

今年は実に多くの地方でAliEatersが開催されました。

  • 札幌
  • 仙台
  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • 広島
  • 福岡
  • 大分
  • 沖縄
  • 上海!?

なんと10都市。およそ大都市圏は全て開催された感じですね。
そしてAWSユーザグループと同じ流れですが、東京で初の専門支部となる AliEaters Code支部 が旗揚げ。
昨年までは全国各地で勉強会を開催してもその内容はAlibaba Cloudとは何か、その概要やおおまかな話で深い技術に踏み込むDeep Dive的な話はあまりされませんでした。
今年に入って東京では技術の話も増え、API/SDK/CLIによるハンズオン主体の専門支部であるAliEaters Code支部は3も回開催されました。
これは参加者層の広がりとレベルが上がってきた事の現れでしょう。

参加したAliEatersを振り返る

札幌

札幌は今年2回開催されました。皆勤賞!
地方開催ながら毎回参加した札幌支部を振り返ります。

2019/2/23 AliEaters Sapporo #2

まだ2回目だというのにハンズオンです。
やはり地場の業者さんがやる気を出している地方は内容も濃い目。
自分は東京第2ゾーンが利用可能となったタイミングだったのでゾーンについてとSLBとECSによるバランシングの話をしました。
https://alieaterssapporo.connpass.com/event/115261/

2019/7/5 AliEaters Sapporo #3

この回はテックトークということで皆さん思いを暑く語りました。
DeNAのCTOさんが登壇され、大規模ゲーム会社での利用までの話を聞くことができました。
自分は課金まわりの話をしました。
https://alieaterssapporo.connpass.com/event/132151/

上海

日本のユーザグループなのに上海!?

2019/9/28 AliEaters Fly to 上海 #1

アリババの年次大会であるApsara Conference開催に合わせ、参加者と上海在住者を対象として開催。
上海在住の皆様に登壇いただき、普段は聞けない貴重なお話を聞くことができました。
中国特有の回線事情とその中で生きていくための知恵に関する話が一番うけていたようです。
https://alibabacloud.connpass.com/event/139951/

東京

東京は東京支部の他にCode支部が3回でかなりの数が開催されました。
ほぼ参加できましたが皆勤賞ならず!

2019/2/7 AliEaters #10

渋谷ヒカリエのDeNAさんセミナールームに100名規模と大入り。
アリババクラウドジャパンの中の人から話題の東京第2ゾーンの話、
中国のグレートファイアウォールの話など興味深い話がありました。
https://alibabacloud.connpass.com/event/115606/

2019/5/15 AliEaters #11

久しぶりにWeWorkでの開催。今回は神保町ですがほぼ満員御礼状態に。
中国での事業開始、ウェブ構築など比較的ビジネス寄りな話題に。
自分は課金についての話をしました。
https://alibabacloud.connpass.com/event/126777/

2019/5/22 Code支部 #1 Alibaba Cloud CLIハンズオン

Code支部初開催!
自分も運営を務めさせて頂いておりますが、運営陣の想定を超える人気でキャンセル待ちが大量発生。
残念ながら結局ご参加頂けなかった方を何名も出してしまい申し訳ないです。。
ECSを作成するだけの簡単な内容でしたが、CLIがこんなに人気があったのかと驚きです。
https://alibabacloud.connpass.com/event/130315/

2019/7/31 AliEaters #12

MVP全員集合! と題した今回は渋谷のレバレジーズさんセミナールームがほぼ満杯。
MVPの面々が自分の得意分野について重い思い語るのですが、
Qちゃん脱藩か!?というトークが全部持っていったと思います。
そしてそれは後に現実となったのでした。
自分はAlibaba Cloud NASのサービスアップデートについて話しました。
https://alibabacloud.connpass.com/event/138653/

2019/8/30 Code支部 #2 (この回は自分欠席です)

サルでもわかるアリババのサーバーレス と題してQちゃんがハンズオン講師を務めました。
https://alibabacloud.connpass.com/event/142937/

2019/10/9 AliEaters #13

Apsara Conferenceのre:Capイベントとして開催。
参加したMVPの面々からの情報共有。自分はMVPサミットとスマートスピーカーの話などをしました。
クリークアンドリバー社の美女とMVPの対談では、ゲームは低遅延が求められ中国展開には中国のクラウドサービスが不可欠という話。
この分野ではテンセントクラウドが一歩リード、そしてアリババクラウド。
ユーザ企業は特定の事業者に固執せず疎結合にアーキテクチャを設計しておけば事業者を跨ぎ良いサービスを組み合わせ使えパブリッククラウドのメリットを享受できるといった話をしました。
なお、この回は名古屋支部と中継を結んで双方からリモート登壇を行いました。名古屋も盛況だったようです。
https://alibabacloud.connpass.com/event/148289/

2019/12/7 Code支部 #3 (この回は自分欠席です)

アリババクラウドの画像検索サービスであるImageSearchハンズオン。
第3回にしてかなりハイレベルながら満員御礼!
自分はAWS re:Invent参加中でアメリカにいて参加できず残念至極;
https://alibabacloud.connpass.com/event/153504/

2019/12/11 AliEaters #14

クリスマスだよ?新MVP全員集合!
新MVP(8期生)がそれぞれの思いを語る会。
NTTデータ三原さんがAWS re:Inventのサービスアップデート、そして開催後の情報流通量の多さは重要でAliEatersもこれが求められること、AWSの二番煎じ的なイメージのあるAlibaba Cloudだけど実はAWSよりも先にサービス提供しているものもあるという話が。
コミュニティとアウトプット、アピールの重要性を学ぶ回でした。
https://alibabacloud.connpass.com/event/156944/

まとめ

アリババクラウドジャパンのカントリーマネージャであるユニークさんが、インターネットチャンピオンデーというメディアを多く集めたイベントでAliEatersについて語ってくださいました。

uniq.jpg
今年は一部の支部に集中していましたが、来年は全国の支部を回りたいと思います!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした