Edited at

yarnの逆引き(用途からコマンドを見つける)的な記事


この記事なに? 🤔

npmパッケージ管理にyarnを使っていますが、

自分用に逆引き(用途からコマンドを見つける)記事が欲しかったので、

とりあえず作成しました。

書き留めておきたいと感じた時に順次追記していく予定です。


この記事を一読してくださった方へ


  • 「こんなのも書き留めておいた方が良いよ」

  • 「それ、解釈間違ってるよ」

的なものがあればコメント等いただけると助かります。🙇‍♂️


前提(環境など)

以下の前提で記載していきます。


  • macOS(High Sierra以上)


  • Homebrewでインストールしたyarnを用いる


逆引きコマンド

以下から本題です。


yarn global

プロジェクトやワークスペース配下ではなくOS上のnpmパッケージを追加・更新・削除したい時に使う系のコマンドです。


npmパッケージを追加・削除したい

yarn global [add/remove] npmパッケージ名で実現可能です。

OS上(yarn global)にインストールされた

npmパッケージの一覧を確認したい場合は、

yarn global listを用います。

基本的には、プロジェクトやワークスペース配下で実行するときの

yarn系コマンドに対して、yarnの後にglobalをつけることで

実行することが可能です。

詳しくは以下の公式ドキュメントを参考にしてください。


yarn upgrade

npmパッケージを更新したい場合に使うコマンドです。


package.jsonに記載されているバージョンを無視し、最新のnpmパッケージバージョンに更新したい

yarn upgrade --latestを使います。

npmパッケージのメジャーバージョンをあげたい場合など、

yarn upgrade npmパッケージ名では、

package.jsonに記載されたマイナーバージョンまでしか

更新されないことが多いです。

そのため、package.jsonに記載されているバージョンを無視し、

最新のnpmパッケージバージョンに更新したい場合は、

yarn upgrade --latestを使います。

詳しくは以下の公式ドキュメントを参考にしてください。