Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rails5.2のrails credentials:editを好きなエディタで編集する(macOS)

この記事なに? :thinking:

Rails5.2で導入された秘蔵情報を編集するコマンドrails credentials:editというのがあります。

この記事では、rails credentials:editを自分の好きなエディタでやる場合のコマンドを載せておきます。

credentialsについて、詳しく知りたいという方は以下の記事からどうぞ。

どうやるの?

vi / vimの場合

vi系が得意な方はこちらで十分かなと思います。

EDITOR=vi bin/rails credentials:edit
EDITOR=vim bin/rails credentials:edit

他のエディタの場合

自分はvi系コマンドがいまだに苦手です。少しの編集だったら全然OKなのですが、十数行とかになると、慣れ親しんだエディタ(自分の場合はVSCode)で編集したくなります。

vi / vim以外の他エディタで編集したい場合は、waitオプションを付加し、以下のようなコマンドを打ちます。

# EDITOR="好きなエディタ --wait" bin/rails credentials:edit
# 好きなエディタ=VSCodeの場合
EDITOR="code --wait" bin/rails credentials:edit
# 好きなエディタ=Atomの場合
EDITOR="atom --wait" bin/rails credentials:edit

コマンドを打つと、対象のエディタで編集画面となりますので、APIKeyなどの設定が済んだら保存、エディタを閉じると以下が生成されます。

  • config/credentials.yml.enc
  • config/master.key

注意事項

EDITOR="好きなエディタ --wait" bin/rails credentials:edit好きなエディタについては、別途Pathを通しておく必要がありますので、ご注意ください。

VSCodeをcodeコマンドで起動させる場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

P.S.

いろいろ記事を探していたら、WindowsでSublime Textrails credentials:editしようとされている記事を発見しました。

Windowsで好きなエディタでrails credentials:editしたい方は、以下の方の記事を参考にされるとよいかもです。

おわり

誤記などありましたら、FBいただけると助かります!🙏

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away