Help us understand the problem. What is going on with this article?

expressというかnodeというか・・でログを取る(log4js編)

More than 1 year has passed since last update.

アクセスログをとるだけならmorganとかの方が簡単そうですが、とりあえず馴染みのあるlog4jsを利用してみます。

準備と注意点

準備

npm install log4js

注意点

現在のlog4jsはver2.x系で2017年5月に2.xになった模様。
ネット上の情報のほとんどが1.xで書かれたもので、動作しないことが多いので注意。
本家サイトなどを見て対応する必要あり。

とりあえず利用してみる

一番簡単な実装

一番簡単な実装は下記。

var log4js = require('log4js');
var logger = log4js.getLogger();

logger.level = "debug"; //これがないと表示されない
logger.debug("hoge hoge");

ログがコンソールに出力される。でも、このレベルならconsole.log()で事足ります。

ファイルに出力したい

というわけで、ファイルに出力したいのですが、とたんに記述増えます。
どうやら、2.xからカテゴリーの追加が変更・必須になって手間が増えたようです。

カテゴリは配列でappendersを取るので、複数の指定も可能。
また、getLogger()では、appenderじゃなくて、categories名を指定するのがポイントです。

var log4js = require('log4js');

//config
log4js.configure({
    appenders: {
        system: {type: 'file', filename: 'system.log'}
    },
    categories: {
        default: {appenders:['system'], level: 'debug'}
    }
});

var systemLogger = log4js.getLogger(); //getLogger('default')と同義

systemLogger.debug("hoge");

実行するとsystem.logが作成され、下記が出力される。

system.log
[2018-04-11T06:18:14.965] [DEBUG] default - hoge

expressのアクセスログを取りたいが、システムログとはファイルを分けたい

var log4js = require('log4js');

//config
log4js.configure({
    appenders: {
        system: {type: 'file', filename: 'system.log'},
        access: {type: 'file', filename: 'access.log'} //追加
    },
    categories: {
        default: {appenders:['system'], level: 'debug'},
        web: {appenders: ['access'], level: 'info'} //追加
    }
});



//logger
var systemLogger = log4js.getLogger(); 
var accessLogger = log4js.getLogger('web'); //追加

//express
var express = require('express');
var app = express();
//bind access log
app.use(log4js.connectLogger(accessLogger));

//root
app.get('/', function(req, res) {
    res.send("hello logger");
});

//listen
app.listen(3000, function(req, res){
    console.log("app listen on 3000 port.")
});

//system log
systemLogger.info("Express start");

system.log

実行するとsystem.logにはexpressのstartが表示される。

[2018-04-11T06:29:47.603] [INFO] default - Express start

access.log

access.log側にはexpressへのアクセスログが表示される。

[2018-04-11T06:29:58.258] [INFO] web - ::1 - - "GET / HTTP/1.1" 304 - "" "Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_4) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/65.0.3325.181 Safari/537.36"
[2018-04-11T06:30:04.137] [INFO] web - ::1 - - "GET /?hoge=hoge HTTP/1.1" 200 12 "" "Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_4) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/65.0.3325.181 Safari/537.36"

ログタイプの指定

fileの場合はローテーションなどを気にする必要がありますが、サイズ指定や日別分割もできます。

日別指定

例えばWebのサクセスログなどは日別にしたいものです。例えばappendersの指定を下記のようにします。

access: { type: 'dateFile', filename: 'access.log', pattern: '-yyyy-MM-dd' }

サイズやバックアップ数の指定

system: { type: 'file', filename: 'system.log', maxLogSize: 10485760, numBackups: 3 },

コンソールに出力

下記のようにすればコンソールに出力されます。

system: { type: 'console' }

設定ファイルを外部ファイル化したい

下記のようにすれば外部ファイルから設定を読み込めます。

読込

log4js.configure('./log4js.config.json');

設定ファイル

ただJSON化すると、パラメータを""で囲む必要があるので、最初から外部ファイルで記述したほうが手間がないかもしれません。

もちろんjsをimportしてオブジェクトのまま利用するのもありですが。

log4j.config.json
{
    "appenders": {
        "system": {"type": "file", "filename": "system.log"},
        "access": {"type": "file", "filename": "access.log"}
    },
    "categories": {
        "default": {"appenders":["system"], "level": "debug"},
        "web": {"appenders": ["access"], "level": "info"}
    }
}
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away