Edited at

nvmのデフォルトのバージョンの変え方


node.jsはバージョンによる動作の依存度が高い

nvmとはnode version managerというように、node.jsのバージョンを簡単に管理することができるものです。

node.jsはバージョンの更新頻度も高く、またバージョンによってnpm installがうまくいかなかったりと、バージョンへの依存度が高いです。

筆者もエラーがでる度 nvm use v*.*.* といってバージョンを変えていたりしていたのですが、デフォルトでバージョンを変えれるとのことで、その方法を紹介します。


nvmのデフォルトのバージョンの変え方

下記コマンドでできます。

$ nvm alias default v*.*.*


実際にやってみた

nvm lsを打ってみるとv5.0.0になっています。

$ nvm ls

v0.12.7
v4.0.0
v4.2.2
-> v5.0.0
v5.6.0
v9.5.0
system
default -> 5.0.0 (-> v5.0.0)
node -> stable (-> v9.5.0) (default)
stable -> 9.5 (-> v9.5.0) (default)
iojs -> N/A (default)

v5.0.0ではなく、デフォルトのバージョンをv9.5.0にしたいと思います。

$ nvm alias default v9.5.0

default -> v9.5.0

再度 nvm ls を打つと、

$ nvm ls

v0.12.7
v4.0.0
v4.2.2
-> v5.0.0
v5.6.0
v9.5.0
system
default -> v9.5.0
node -> stable (-> v9.5.0) (default)
stable -> 9.5 (-> v9.5.0) (default)
iojs -> N/A (default)

変更がされていないです。ターミナルやiTermなどを再起動しないと設定が読み込まれないです。おっと。

再起動して、再度 $nvm lsを打つと、

$ nvm ls

v0.12.7
v4.0.0
v4.2.2
v5.0.0
v5.6.0
-> v9.5.0
system
default -> v9.5.0
node -> stable (-> v9.5.0) (default)
stable -> 9.5 (-> v9.5.0) (default)
iojs -> N/A (default)

無事v.9.5.0になっています。以上です。