Ubuntu
grub

WindowsとUbuntuをデュアルブートする時はFast Bootを無効化すると良いかもしれない

あまり詳しくは調べていないので「こんなことが起こったよ」程度のメモです。

状況と発生した問題

  • Windows 10がプリインストールされているマシンにSSDを追加した。
  • 追加したSSDにUbuntu 16.04.1をインストールした。
  • UEFIのブートローダの設定で、Ubuntu側を指定した。
  • 1回目のブートでは、GRUBのブートメニュー(UbuntuとWindows 10のどちらを起動するかの選択画面)が表示され、UbuntuもWindows 10も正常にブートできた。
  • けれども2回目以降のブートでは、GRUBのコンソール画面が表示されてしまい、ブートメニューが表示されない。
  • UEFIのブートローダの設定を、一旦Windows側(Windows Boot Manager)に戻し、再びUbuntu側(GRUB)に設定すると、同様に1回目だけGRUBのブートメニューが表示され、2回目以降の起動ではGRUBのコンソール画面が表示されてしまう。

ちなみにGRUBのコンソール画面とは、Minimal BASH-like line editing is supported.の様なメッセージが表示され、grub>の様なプロンプトが表示されている画面のことを指しています。

対処

UEFIの設定画面にて「Fast Boot」を「Enabled」(有効)から「Disabled」(無効)に変更した。
上記の様に変更すると、2回目以降もブートメニューが正しく表示された。