Help us understand the problem. What is going on with this article?

WindowsユーザーがMacに乗り換えた時に理解しておくとよい情報

More than 3 years have passed since last update.

更新内容

  1. [ 2016.07.06 ] @poad1010 さんにコメントいただき #7 追記。
  2. [ 2016.07.06 ] 目次が見づらかったので修正しました。
  3. [ 2016.07.06 ] @manji-0 さんにコメントいただき追記。

元々WindowsユーザーでMacに乗り換えたっていう人向けの記事です。
参考になれば幸いです。

WindowsとMacの違いで戸惑ったこととその解決方法

私も元々Windowsユーザーでした。(Windows Meの時代くらいまで)

今の方がWindowsとMacの互換部分は増えているように思いますが、
それでもWindows時代の癖でMacを使おうとすると戸惑うことがあります。

「あるある!」と思われるようなことを列挙してみたいと思います。

#1. (Windowsで使ってた)ショートカットが使えない。

私は文字変換時に F7F10 をよく使ってました。
これがMacだとそれぞれのキーに割り当てられた機能が立ち上がってしまいます。

Fnキーを押せばWindowsと同じ機能が実現できますが、意外に面倒です。

#1. 解決方法 Macのデフォルトを変更する

システム環境設定 > キーボード > キーボード

  • F1 、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用

という項目があるので、チェックボックスをオンにします。

こうすることでFnキー無しでWindowsと同じF7〜F10が使えます。

#2. Ctrlキーの位置が微妙で使いづらい

Windowsキーボードでは、だいたい最下段の最左に位置している Ctrl キーがMacだと
下から3段目の最左に位置していたりします。

Windowsの場合は左手小指で押せていたものがかなり難しい位置に。。。

#2. 解決方法 CapsCtrl を入れ替える

システム環境設定 > キーボード > キーボード > 装飾キー...

Caps LockControlOptionCommand のキーボード割り当てを入れ替えられます。

私は最下段、最左に位置している Caps Lock と、Control を入れ替えて使っています。

#3. HOME キー、END キー、Print Screen キーなどがない。

Windowsキーボードにあった HOMEキーや ENDキー、Print ScreenキーはMacにはありません。
テキストエディタでのカーソル移動やスクリーンショットを撮るのに利用していた人も多いのでは?

#3. 解決方法 異なるキーの組み合わせで割り当てられている。

@manji-0 さんからの情報で以下のように割り当てられているそうです。

Home : Fn + ←
End : Fn + →
PageUp : Fn + ↑
PageDown : Fn + ↓

#3. 解決方法 Commandキーやツールを使って擬似的に再現する

テキストエディタで行頭/行末、文頭/文末に移動するのに HOME キーや END キーを使っていた人は、
Commandキーで同じことができます。

@manji-0 さんからの情報で、Emacs準拠で以下の方法もあるそうです。

行頭 : Ctrl + A
行末 : Ctrl + E

また、こんなことも!

カーソルから行末まで削除 : Ctrl + k
カーソルを右に移動 : Ctrl + f
カーソルを左に移動 : Ctrl + b
カーソルを上に移動 : Ctrl + p
カーソルを下に移動 : Ctrl + n

また、スクリーンショットは
Command + Shift + 4
または
Command + Shift + 3
で撮影することができます。

Command + Shift + 4
の場合は撮影範囲をカーソルドラッグで指定できるので Print Screen よりも便利です。

#4. ¥マークが\(バックスラッシュ)になる。

エディタによりますが、JISキーボードで ¥ キーを押すと \ が表示されることがあります。

これまたエディタと文字コードによりますが、別物として認識されてしまい思ったように入力できないことがあり不便です。

#4. 解決方法 Option キー同時押しで使い分ける

¥ キーを押して \ が出る場合は、
Opton + ¥
¥ が出たり、

¥ キーを押して ¥ が出る場合は、
Opton + ¥
\ が出たりします。

#5. Backspace キーがない。

Windowsでは Backspace キーがあり、
これを押すとカーソルの左側にある1文字を消したり、
ブラウザバックを行ったりできました。

でもMacには Backspace キーがありません。。

#5. 解決方法 Delete キーがWindowsでいうBackspaceキー

Macのキーボードにある Delete キーが、Windowsでいう Backspace キーと同じ挙動をします。

「Windowsの Delete キーと同じ動きはどうするの?」
と思われる思いますが、
Fn + Delete
で、Windowsの Delete キーと同じ挙動になります。

@manji-0 さんからの情報でEmacs準拠のショートカットもあるそうです。

Delete : Ctrl + d
Backspace : Ctrl + h

#6. マウスの右クリックがない

Macのマウスはシングルクリックで右クリックが無いのが不便。。。

#6. 解決方法 マウスの設定で使用可能

システム環境設定 > マウス > ポイントとクリック

にある 副ボタンのクリック をオンにすると実現できます。

他にもApple Magic Mouseは様々なタッチアクションが設定できるので試してみてください。
慣れると便利すぎて普通のマウスに戻れません。。

同じようにMacbookなどにあるトラックパッドもマルチタッチで様々なことが出来ます。

システム環境設定 > トラックパッド

で設定してみてください。

#7. ファイルのカット&ペーストができない

Windowsでは
Ctrl + x からの Ctrl + v で、
ファイルやフォルダの移動(カット&ペースト)ができましたが、

Macの場合、
ControlCommand に置き換えて、

Command + x からの Command + v

という手順ではファイルの移動ができません。。

#7. 解決方法 貼り付け時のショートカットにポイントが。

Macの場合は
Command + c からの Command + Option + v で、
カット&ペーストになります。

Windowsでいう コピー(Ctrl + c)切り取り(Ctrl + x) のショートカットが共通で
Command + c となり、
貼付け時に
コピーならCommand + v」、
切り取りならCommand + Option + v
となります。

貼付け 時に選択となるので、ちょっと慣れが必要ですね。

慣れないと思わず Command + x と打っちゃます。。

まだまだあった気が。。。

Windowsユーザーとしての癖が強かった時がもうだいぶ前で記憶が曖昧なのですが、
最初に悩んだことは他にもまだまだあったような気がします。

もし何かお困りのことがありましたらコメントいただけるとありがたいです!
よろしくお願いします。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away