YAMAHA RTX1210でDS-Lite接続

  • 4
    Like
  • 0
    Comment

YAMAHA RTX1210でIIJmio(transix)にDS-Lite接続してみました。
フレッツのPPPoEは混雑していることが多く、DS-Lite(IPoE)に切り替えることで
高速化する場合が多いようです。(我が家の場合は20Mbps→85Mbpsに改善しました)

環境

  • フレッツ光ネクスト(ひかり電話なし)
  • IIJmio FiberAccess/NF
  • YAMAHAルータ RTX1210

設定概要

RTX1210とIIJmio(transix)間でIPIPトンネルを作成後、IPv4の接続先として指定します。
AFTRアドレスを置き換えることで、他サービスのDS-Liteにも接続可能(なはず)です。

config
tunnel select [NUM]
tunnel encapsulation ipip
tunnel endpoint address [AFTRアドレス]
tunnel enable [NUM]
ip route default gateway tunnel [NUM]

設定詳細

設定時にIIJmio(transix)側のIPv6アドレスを指定する必要があります。
東日本/西日本でアドレスが異なるため、事前に確認しましょう。
http://www.mfeed.ad.jp/transix/ds-lite/contents/yamaha_nvr500.html#aftripv6

トンネルインタフェースを選択します。(未使用の番号を指定)
# tunnel select 2

IPIPトンネルとして設定します。
tunnel2# tunnel encapsulation ipip

transix側のIPv6アドレスを指定します。
tunnel2# tunnel endpoint address 2404:8e00:feed::100

トンネルを有効化します。
tunnel2# tunnel enable 2

ここでひとまず接続確認。
# show status tunnel 2

TUNNEL[2]:
Description:
Interface type: IP over IP
Current status is Online.
from 2016/10/22 23:35:06.
1 minute 55 seconds connection.
Received: (IPv4) 0 packet 0 octet 0 packet [0 octet]
Transmitted: (IPv4) 0 packet 0 octet 0 packet [0 octet]

IPv4の接続先を変更します。
# ip route default gateway tunnel 2

接続確認

tracert確認くん などでtransix経由となっていることを確認します。

参考サイト

DS-Lite 接続確認機種情報 NVR500