Linux
webcam

fswebcamのエラー回避策

More than 1 year has passed since last update.

fswebcam

fswebcamは簡単にコマンドラインからUVCカメラのキャプチャができて便利なツールです。

fswebcam tst.jpg

とすると静止画をキャプチャしてファイルに落としてくれます。便利。

しかし、、

fswebcam foo.jpg  
--- Opening /dev/video0...
Trying source module v4l2...
/dev/video0 opened.
No input was specified, using the first.
Adjusting resolution from 384x288 to 320x240.
--- Capturing frame...
GD Error: gd-jpeg: JPEG library reports unrecoverable error: Not a JPEG file: starts with 0x08 0x0aCaptured frame in 0.00 seconds.
--- Processing captured image...
Writing JPEG image to 'foo.jpg'.

こんな感じで出力ファイルが破損していることが環境により起こりました。Ubuntu16.04で確認。

対応

fswebcam tst.jpg -D 1

-Dオプションで撮影までの待ち時間(秒)を指定できます。待ち時間を入れてあげると回避できました。初期化が間に合わないといったことが起こっているんでしょうか。。

参考リンク