プログラミング学習記録89〜華氏温度をセ氏温度に〜


今日やったこと


  • 華氏温度を入力するとセ氏温度に変換して表示してくれるプログラムを書く

大学のJavaの講義で出た課題です。

具体的にどんなコードを書いたのかは、課題なので公開できませんが、なんとなく書き留めておきます。

まず、Javaには変数を宣言するときに整数の型、実数の型など、同じ数字でも表示形式によって予約語を変えなければなりません。

今回は小数点第一位までを含めて表示する必要があったので、実数で宣言しました。

Javaでは実数をdoubleで宣言します。

宣言した変数はFahとCelで、Fahには華氏温度、Celにはセ氏温度が代入されるようにしました。

最初に華氏温度を入力させるコードを書き、入力された華氏温度をセ氏温度に直したものをCelに代入します。

華氏温度をセ氏温度に変換する式は以下の通りです。

C=(5/9)×(F-32)

この式により、華氏温度を我々が普段使っている温度の単位(℃)で表現することができます。

そして、最後に以下のコードでCelを表示させることができれば完成です。

System.out.printf("摂氏温度(℃)%.1f\n",Cel);

1f\nで実数を小数点第一まで表示して、1行改行することできます。

いろいろJava特有のルールはありますが、考え方は基本的に同じなので、なんとかクリアすることができました。

おわり