Help us understand the problem. What is going on with this article?

未経験から独学でWeb系エンジニアへ転職するときに活用した学習リソースまとめ

はじめに

今回は私が未経験から独学でWeb系企業から内定をいただくまでに活用させていただいた学習リソースについてまとめてみました。
転職活動時期は2020年3月、4月です。現在コロナの影響やエンジニア転職希望者の増加などで未経験からのエンジニア転職のハードルが以前と比べるとかなり高くなってしまっているのかなと思いますが、そういった中で現在転職中の方、またはこれからエンジニアを目指して学習中の方に少しでもこの記事が役に立てばという思いでこの記事を書いてみました。
学習期間は全く別の業界で働きながら独学のみおよそ7ヶ月間です。資金面に余裕がなかったのでなるべくQiitaの記事や、無料の公式チュートリアルを利用させていただきました。

HTML, CSS, JavaScript

とにもかくにも未経験者が最初に取り組むべきはHTML,CSS,JavaScriptです。
エンジニアには必須のスキルであり、学習コストもあまり高くないのでプログラミング学習の取っ掛かりには最適でしょう。

学習サービス
●Progate
非常に有名な学習サービスです。説明も親切で初心者に最適だと思います。有料プランで月額980円 (税別)です。

書籍
●一冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座
HTML,CSSの基本からデザインの基本まで学べます。(JavaScriptはなし)

Ruby, Rails

書籍
●プロを目指す人のためのRuby入門
Rubyの基礎の基礎から、実践的な領域まで幅広くカバーされています。

●現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド
こちらもRailsの実践的な使い方が丁寧に解説されています。

またRspecについてはこちらの記事が参考になります。
使えるRSpec入門・その1「RSpecの基本的な構文や便利な機能を理解する」

Docker

Dockerに関しては以下の記事が非常に参考になりました。
いまさらだけどDockerに入門したので分かりやすくまとめてみた
入門Docker

AWS

書籍
●Amazon Web Service超入門
そもそもクラウドとは?の基本的な部分からEC2を扱う実践的な部分まで学習できます。

(下準備編)世界一丁寧なAWS解説。EC2を利用して、RailsアプリをAWSにあげるまで
こちらの記事もタイトル通り非常に丁寧にRailsアプリのEC2へのデプロイまでの流れを学ぶことができます。
またECSに関しては以下の記事が参考になりました。
初心者でもできる! ECS × ECR × CircleCIでRailsアプリケーションをコンテナデプロイ

CircleCI

CircleCIに関しては公式に非常にわかりやすいチュートリアルがありますので、そちらで十分かと思います。
CircleCI公式チュートリアル

その他

書籍
●Webを支える技術
Webの仕組みの理解に役立ちます。

●キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者
コンピュータサイエンス基礎が学べます。絵も多く説明も親切でわかりやすいのでオススメです。

最近のオススメ学習リソース

学習サービス
●Techpit
(https://www.techpit.jp)

Youtubeチャンネル
●しまぶーのIT大学
(https://www.youtube.com/channel/UCti6dG0zSAetLGGYcgNML4Q)

おわりに

以上が自分が大変お世話になった学習リソースです。この記事が少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです。

yusuke_s221
Qiitaでは普段学んだことをアウトプットしていきます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした